< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年11月04日

68 Kill

久々の映画レビュー!ヾ(*^。^*)ノ第2段!


2017年サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞した
新感覚バイオレンスアクションスリラーのアメリカ映画。


あらすじ
気弱で女好きの配管工のチップは、ネジが外れた美人なガールフレンドのライザに頼まれて共に屋敷へ強盗に入る。
しかし、留守なはずの家主は家にいて、犯行はあっさり失敗。二人は金を奪って逃走を計ろうとするが、
邸内にはもう一人、不運な目撃者がいた…。

女優さんが其々個性的で良い味出しています。
アナリン・マッコード演じるレイザがキレッ切れで兎に角w面白いですv(・∀・*)


この兄妹がヤバすぎて話の先が中々見えないのが良いです。


アリーシャ・ボーはこの中でまあまあマトモな存在でしたが・・・。


シェイラ・バンドはやってくれたー!序盤でどう絡むのか?全くわからなかったけれど
中盤ガッツリ壊れっぷりが良かった(☆。☆)


トレント・ハーガ―監督曰くスピード感に溢れ、予測不能で、クライム、コメディ、ロマンス、ホラーの要素を持っている事だそうで
主役の情けない男チップを演じたマシュー・グレイ・ギュブラーの駄目男の成りきり具合が(*´∀`)♪好感です♪


基本的に「ヒャッハー!」なおバカ映画なんであれなんですけど先が読めない!Σ(゜Д゜)はちゃめちゃぶりな展開なので
かなり面白いです。そして最後まで68キルの意味がわからないという!(??)

ゴア系大丈夫な人は是非♪(*・∀・*)ノ  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ映画/TV

2018年11月03日

The Suicide Theory

久々の映画レビュー(^∇^)ノ 

英題「エンドレス・マーダー」は2014年のオーストラリアのサスペンス映画です。
監督はドルー・ブラウン出演はスティーヴ・マウザキスとレオン・ケイン(英語版)。
トラウマを抱えた殺し屋と彼に自分を殺すように依頼した「不死身の男」の因縁を描いたミステリー映画。


あらすじ
冷酷無比の殺し屋スティーブンは3年前に最愛の妻を亡くし未だその悲しみの中で生きていた。
ある夜、スティーブンの元にパーシバルと名乗る 男から「僕を殺してくれないか」と奇妙な依頼を持ち掛けられ顔を合わせた二人。
ろくな会話も交わすことなく3発の銃弾をパーシバルの胸に打ち込 んだスティーブンは、足早にその場を立ち去り、
あっけなく事を済ませたはずだった。


しかし1カ月後、スティーブンの前に再びパーシバルが現れる。
その後、幾度となく殺害を試みるも必ず生き延びるパーシバルの生命力に、次第に疑念を抱き始めるスティーブン。
そして、パーシバルの“死の依 頼”は、自身の妻の死と何らかの関係があるのではないかと察知した時、
そこには衝撃的な真実が待ち受けているのだった…。

全体的に地味で女っ気が全くない上に少し過激な描写がありますが「運命」を感じさせ全ての伏線が最後に繋がる所がとても面白く良作です。
お暇な方は是非です(*^-^*)ゞ   


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年11月01日

happy Halloweenヽ(*´▽)ノ♪でした。

土曜日はゴシックが集まる老舗ハロウィンイベントBLACK VEILへ4人間で行きました。
クラブに到着するまでにハロウィンな方達と遭遇して、お写真一緒にいただきました♪
レオちゃんゴシッククラブイベント初だったので私の衣装を貸したのですが違和感全く感じない!


道端でダダに遭遇!!?Σ( ̄□ ̄;)!!なぜ?ダダに行きついたの?と聞きたかった!
化粧も凄かったけどマジックで書いた全身の服が凄かったです♪


猫娘さん達が可愛かったです♪(*´∇`*)


カッコ良い次元さん♪


去年のネギ娘さん達かな?と思った「さやえんどう」さん(^∇^)ノ


テンション上がったキモイ人達ヽ(*´▽)ノ♪これは楽しかったw


クラブ前に辿り着いた〜(≧∇≦)1時間ぐらいかかった!


ルーとシバ初共演w


お久しぶりのクオラちゃんヾ(*^。^*)ノ相変わらず可愛い♪


魔王健在でした!良かった良かったw


VEILの中には可愛い娘がいっぱい居て(*^-^*)ゞ 癒されました♪
クラブもハロウィンなアメ村の皆さんも楽しかったですv(・∀・*)皆さんお写真ありがとうございました!  

Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)日常/キャンプ女優シリーズ映画/TV

2018年10月04日

死霊館のシスター((゚□゚;))

原題:The Nun 邦題「死霊館のシスター」を映画の日に見て来ました
良い感じでホラー充電出来ましたヽ(*´▽)ノ♪
実際にあったとされる心霊現象を基にしたホラー「死霊館」シリーズの始まりを描いたホラー作品です。

シリーズの公開順とストーリー上の時系列は一致していませんが、時系列順に作品を並べると、
「死霊館のシスター」→「アナベル 死霊人形の誕生」→
「アナベル 死霊館の人形」→「死霊館」→「死霊館 エンフィールド事件」

2018年公開「死霊館のシスター」


2017年「アナベル 死霊人形の誕生」


2014年「アナベル 死霊館の人形」


2013年「死霊館」


2016年「死霊館 エンフィールド事件」となります。



「死霊館のシスター」あらすじ
1952年ルーマニア。修道院で修道女が何ものかに怯えるように自死。
キリスト教徒にとって最大のタブー“自死”をなぜ修道女が選んだのか?
その調査にやってきたのはバチカンより選抜されたバーク神父とその助手として
“土地勘がある”という修道女見習いのアイリーンが指名される。
地元の者は誰も近づかないと言われる教会へ修道女の自殺の発見者の青年フレンチー
彼の案内で教会に向かった二人は教会の異様さを目の当たりにする。


二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。
バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“と対峙することになる。

監督は「ザ・ハロウ 侵蝕」のコリン・ハーディ。
脚本は、本作と同じ「死霊館」シリーズの「アナベル 死霊館の人形」
【IT イット “それ”が見えたら、終わり。』でご存知のゲイリー・ドーベルマン。製作:ジェームズ・ワン
細かい事は抜きにして、とてもわかりやすくて見やすいむっちゃホラー作品に仕上がっています。
主演のタイッサ・ファーミガの白い修道服姿が良かったです(*´ω`*)


序盤からルーマニアの乾いた大地が良い味を醸し出しています。
本作は死霊館・アナベルシリーズでの元凶(悪魔)
そして『エンフィールド事件』に登場した“邪悪なシスター“ヴァラク”の出自が明らかになります。


是非映画館で鑑賞して頂きたい作品です、ドキっとする所が多くて良いです(^^♪
またシリーズで初めてIMAX方式及び4D方式での上映が行われる作品でもありますので
より一層のホラー感味わいたい方は是非ともIMAX方式及び4D方式でお楽しみ頂ければと思います。


後ろに・・・。

死霊館のシスター公式
http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年09月30日

亜人



亜人は、桜井画門による日本の漫画作品です。
2017年「亜人」が実写化されて先日鑑賞してみました。


あらすじ
病気の妹を救うために研修医となった永井圭。
彼は突然の交通事故により死亡するがその直後に生き返る。
不死身の存在「亜人」であることが発覚した圭は政府によって捕獲され、
非人道的な実験のモルモットにされてしまう。


そんな圭の前に亜人最凶のテロリストである佐藤が出現、
実験施設から圭を救出する。だが、佐藤の思想に共感出来ない圭は、
やがて佐藤と敵対することになって行く。
不死身の存在「亜人」同士の生存を賭けた戦いが今、始まろうとしていた。


佐藤建と綾野剛の競演でヽ(*´▽)ノ♪不死身の存在「亜人」をどう演じるのか?
「亜人」の表現はどんな感じになるのか?とても興味深っかたのです♪


実写化に当たって、主人公の年齢引き上げに伴う多少の設定変更があるけど、
原作のストーリーやエピソードは忠実に映像化されてます。
また、原作で印象に残るシーンやセリフも見事に再現されています。


この映画は原作読んでなくても、読んでても楽しめるし、
亜人が特殊能力で生み出す「IBM」という分身的存在の破壊力やスピードや
佐藤建と綾野剛や他のキャスト含めアクションや「ガンカタ」並みの銃撃戦がむっちゃ良かったですv(・∀・*)音楽も良いw


原作押しの方には佐藤建演じる圭が物足りなく感じるのではないかな?
でも、そんな事より!綾野剛演じる佐藤が映画が進む事に魅力が増して(☆☆)目が離せない。
原作に比べて若いけど、そこを補ってストイックな肉体改造に変身した綾野剛の演技が素晴らしい!


シーンによっては完全にギャグとしか思えない演技やセリフもあり
映画を見終わってみれば綾野剛の魅力にドハマリでしたヽ(*´▽)ノ♪是非エンディングまで見て下さい!

お暇な人はどうぞ♪お勧めです(*´∇`*)
亜人公式サイト
http://ajin-movie.com/
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV店舗紹介