< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年01月27日

Nose Art 完

日本でも人気を博したA-2フライトジャケット
日本ではトップガン映画の影響があったようです。
しかし、トムクルーズが着用していたフライトジャケットはG-1
A-2と違いは何だろ?思って調べたら(??)


A-1は第2次大戦の頃から使用されているもので、
当時の米軍には「Air Force(空軍)」が無く
陸軍と海軍がそれぞれ航空部隊を持っていて、
機体や装備は別々の物を装備していたそうです。


なので、A-1は陸軍、G-1は海軍のフライトジャケットです。
A-1のほとんどは馬革ジャケットで全体的にタイトな作り。
ポケットのフラップや襟先の裏にはスナップボタンがあります。

A-2型飛行用ジャケットは、アメリカ陸軍航空隊により、
1927年に採用されたA-1型飛行用ジャケットの後継として
制式化されました。ヽ(゚∀゚)ノ


G-1は第2次大戦後の物で背中の切り返しや腕の後ろの
脇のマチはなく一枚皮です。
ボア付きですが取り外し出来ません。ボアは古いものは
本物のムートンですが70年代になると人工ムートンになります。


第2次大戦中のプロペラの飛行機は機密性も高くなかったのと
上空は地上より気温が低いのでコクピットの中は寒かったので、
ジャケットが開発されたそうです。


Type A-2 leather flight jacketは第二次世界大戦中の
アメリカ陸軍飛行兵に着用された軍用フライトジャケット。
飛行兵達は自らのジャケットの背中をNose Artで
飾る事が多かったようです。


AVIREXのA-2フライトジャケットも第二次世界大戦中 Nose Artが
良い味だしてますね当時は多くあったんですね。(*^-^*)ゞ


今でも充分カッコ良いと思います。
32年経った今年「トップガン2」も製作されるらしぃですし。
またフライトジャケットが流行るかも知れませんね(´∀`*)






同じカテゴリー(映画/TV)の記事画像
68 Kill
The Suicide Theory
happy Halloweenヽ(*´▽)ノ♪でした。
死霊館のシスター((゚□゚;))
亜人
殺陣
A Cure for Wellness
IT
同じカテゴリー(映画/TV)の記事
 68 Kill (2018-11-04 00:00)
 The Suicide Theory (2018-11-03 00:00)
 happy Halloweenヽ(*´▽)ノ♪でした。 (2018-11-01 00:00)
 死霊館のシスター((゚□゚;)) (2018-10-04 00:00)
 亜人 (2018-09-30 00:00)
 殺陣 (2018-09-06 00:00)
 A Cure for Wellness (2018-08-31 00:00)
 IT (2018-08-27 00:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。