< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年01月31日

MultiCam Black

装備屋さんに一式装備お借りしたので序でにレオちゃんの撮影。
BDUはマルチカムブラック でした。
この時のお題は私設特殊部隊系『黒装備』でした。


K君の車両で記念撮影ヽ(゚∀゚)ノ色々貸して下さるので
持ったり触ったりして楽しんでました。


車両の中にあったヘッドセットつけてみたりw


運転席へ上がるのが結構必死だった様子
タイヤが大きくてゴツイ!


上がれた感あるある(´∀`*)こういうの乗った事無いから楽しそうでした♪
「大丈夫かぁ?」な手が・・・。


乗れた!ヾ(*^。^*)ノ


最初表情が硬かったけど皆が笑わせてくれるので
和んだ雰囲気で撮影出来ました♪


また、他の女子にも機会を作って様々な戦闘服や銃を
触ったり撃ってみたり着てもらったりして
写真撮りたいなと思いました。\(^o^)/



  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)日常/キャンプ女子サバ会パッチ/装備

2018年01月30日

パッケージ戦略

あるブランドや商品を思い出すときに、イメージとして浮かぶ色や形、
商品の内容が見えないものはパッケージの力が絶大です。(☆☆)
日用品や食品・化粧品・医薬品など、さまざまな商品の
パッケージデザインこれらの商品が置かれている現場は
百貨店とは異なり、すぐ隣にライバル達が多数ひしめき合って並ぶ、
商品にとっては非常に厳しい環境(゜ロ゜)

これらのパッケージデザイン開発においての目標は、
短時間で消費者の目に留まり特徴を理解され、
そして手に取ってもらえる事です。 ヽ(゚∀゚)ノ


➀記憶に残りやすい②「USP」が表現されている
「USP」Unique Selling Propositionの略、
他社にはない商品の独自性(強み)
③企業に対するイメージ④消費者に対する 「世界観」の表現

かくしてボンカレーのイメージに惹かれたわけです(笑)
中辛風と辛口風がありますヾ(*^。^*)ノ美味しかったので
ご興味あるかたはどうぞ♪

<発売30周年のスーパーカップ1.5倍×50周年のボンカレー>
http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=738

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)日常/キャンプ店舗紹介

2018年01月29日

National Geographic

先日ナショナルジオグラフィクで放送されてる
「地上の地獄:シリア崩壊とISISの台頭」を見ました。
原題(Hell on Earth: The Fall of Syria and the Rise of ISIS )
http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2307


報道番組では決して描かれないシリア内戦の内情
独裁政権・空爆に怯える子供・立ち上がる市民・政府軍を離脱軍


科学兵器の使用・ISISの成り立ち・代理戦争・大国の対立
イスラム国・民族扮装、近年まで続く複雑に絡みあう紛争


「アサド派VS反アサド派」か?
そんな簡単な図式ではなく(^^;)とても複雑で難解で残酷です。


難民は世界規模での不安の種として発展。
中々見ごたえがあり考えさせられる内容でした。
遊びでサバゲ出来る日本は平和だなと思いました。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年01月28日

掲載して頂きましたヽ(゚∀゚)ノ

先月号に引き続き、
昨日発売の(2018年1月27日)コンバットマガジン3月号に
今月も掲載していただきましたヾ(*^。^*)ノ


去年の「東京マルイ×カプコン」の豪華メンバー撮影会に
関西女子サバゲ部からはレオちゃんを
カプコンチームに編成頂きました。

今回のコーディネートは撮影前日に届いた
開発中の新生Umbrella BDU(仮)試作品第1号合わせ。
装備屋さん(AGGRESSOR GROUP)に装備品を一式貸していただきました。


ご興味ある方は是非ご覧になってみて下さい。v(・∀・*)


コンバットマガジン(COMBAT MAGAZINE) 2018年3月号
https://www.fujisan.co.jp/product/950/new/

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)お知らせ女子サバ会店舗紹介

2018年01月27日

Nose Art 完

日本でも人気を博したA-2フライトジャケット
日本ではトップガン映画の影響があったようです。
しかし、トムクルーズが着用していたフライトジャケットはG-1
A-2と違いは何だろ?思って調べたら(??)


A-1は第2次大戦の頃から使用されているもので、
当時の米軍には「Air Force(空軍)」が無く
陸軍と海軍がそれぞれ航空部隊を持っていて、
機体や装備は別々の物を装備していたそうです。


なので、A-1は陸軍、G-1は海軍のフライトジャケットです。
A-1のほとんどは馬革ジャケットで全体的にタイトな作り。
ポケットのフラップや襟先の裏にはスナップボタンがあります。

A-2型飛行用ジャケットは、アメリカ陸軍航空隊により、
1927年に採用されたA-1型飛行用ジャケットの後継として
制式化されました。ヽ(゚∀゚)ノ


G-1は第2次大戦後の物で背中の切り返しや腕の後ろの
脇のマチはなく一枚皮です。
ボア付きですが取り外し出来ません。ボアは古いものは
本物のムートンですが70年代になると人工ムートンになります。


第2次大戦中のプロペラの飛行機は機密性も高くなかったのと
上空は地上より気温が低いのでコクピットの中は寒かったので、
ジャケットが開発されたそうです。


Type A-2 leather flight jacketは第二次世界大戦中の
アメリカ陸軍飛行兵に着用された軍用フライトジャケット。
飛行兵達は自らのジャケットの背中をNose Artで
飾る事が多かったようです。


AVIREXのA-2フライトジャケットも第二次世界大戦中 Nose Artが
良い味だしてますね当時は多くあったんですね。(*^-^*)ゞ


今でも充分カッコ良いと思います。
32年経った今年「トップガン2」も製作されるらしぃですし。
またフライトジャケットが流行るかも知れませんね(´∀`*)

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TVパッチ/装備