公式スポンサー
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年07月12日

サイボーグ009 3D

WOWOWで「009 RE:CYBORG」を見てΣ( ̄□ ̄;)!!余りの変わりように驚愕した次第です。
神山健治監督によるフル3DCGIアニメーション2012年の映画でセリフの言い回しや作風などが攻殻機動隊チックでした。


あらすじ
かつて世界の危機を救ってきたゼロゼロナンバーサイボーグたち9人は故郷へと帰りそれぞれの人生を送っていた。
しかし、2013年の各国で超高層ビルへの爆破テロ事件が連鎖的に発生しアイザック・ギルモア博士から招集がかかる。


キャラクターは其々がとてもカッコ良くなっているものの・・・(^^;)。
9人が揃って「いくぞ!」的な場面が無くて009じゃ無くても良かったのでは無いのか?という感じでした。
「彼の声」「白い少女」「天使の化石」など謎要素も多くて言葉遊びで始終終わった感じ(??)
結末もなんだかな?というあやふやなモノで(><)残念な作品でした。

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)漫画/アニメ/本