公式スポンサー
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年08月11日

Memphis Belle

メンフィスベルはアメリカ第8空軍所属の爆撃機 B-17F、愛称メンフィス・ベルの若き乗組員たちを描いた1990年製作のイギリス映画です。


あらすじ
第2次世界大戦中、イギリスに駐留しドイツに対する白昼爆撃を任務としていた。
24回の白昼爆撃の任務を遂行していた唯一の爆撃機メンフィス・ベル。
故郷に帰るまであと残る最後の1回の飛行を前のダンスパーティで
ほとんどが10代の若者の乗組員達は明日の出撃を胸にそれぞれの思いで前夜を過ごしていた。
そして翌朝、英国の基地からドイツにある軍需工場に白昼に空爆するという危険な任務を遂行する。
朝焼け雲をついてメンフィス・ベルと10人の若者は飛び立つ・・・。


第2次世界大戦時、アメリカが生み出した“空飛ぶ要塞”
B-17のメンフィス・ベルに乗り込んだ10人の若者を描いた戦争映画です。
1990年の映画でCGなど(^^;)殆ど使われて無かっただろうに。
素晴らしい出来映えの映画です。ヾ(´▽`*)ゝ


迫力ある映像に仕上がっていて爆撃に向かう離陸シーンは圧巻です。
冒頭に帰還した機が爆発炎上するシーンがあるのですが(〃´o`)=3
これが終盤メンフィス・ベルの帰還時の伏線になっているのは感心します。


乗組員はすべて志願兵で大学生はパイロットをはじめとする将校(士官)と、
高卒以下の者は下士官として防御用の銃の射手を務めます。
まだ幼いクル―達が力を合わせて任務に挑む姿が感動します(*^^*)

作品を通して「Danny boy」や「Amazing grace」の名曲挿入が唯一暗鬱さから遠ざけてくれます。


あの狭い機の中で10人の若者達の不安と恐怖と味方機を撃墜される絶望感に加えてドイツ上空に危険な緊張感の中(><)
中高射砲と敵機メッサーシュミットの攻撃をかわしなからドイツ本土の軍需工場に爆弾を落とす。
その戦闘シーンはかなり迫力がありドキドキしました。(*´∇`*)
損傷して不時着するシーンまで実機を使って撮影しているも凄いです。



お勧めなので、ご興味ある方は是非どうぞヾ(*^。^*)ノ

コチラに愛称“メンフィス・ベル”由来など詳細載っていますので興味ある方はご覧ください。
映画「メンフィス・ベル」のB-17実物がアメリカ空軍博物館で恒久展示へ
http://otakei.otakuma.net/archives/2018051106.html

まさに「RAISE」ヽ(゚∀゚)ノの世界観なのです♪
http://gsvgws.militaryblog.jp/e925167.html

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV店舗紹介パッチ/装備

2018年08月09日

1週間フレンズ

WOWOWで実写版やってたので見てしまいました(@0@)
1週間フレンズは『月刊ガンガンJOKER』で2012年から2015年まで連載していて2014年にアニメになりました。


あらすじ
友達の記憶が一週間ごとにリセットされていくヒロインの藤宮と
何度でも「友達」になろうとする主人公の長谷を中心に展開されていく青春ストーリー。


私はアニメから入ったので原作読んでなくて(^^;それでも毎週はまってました。切ないし長谷君頑張るマンなのです。
藤宮さんに断られても断られても諦めず友達になろうとする長谷くんは優しさが溢れるキャラクターで
2017年に実写化されたけど役者さんのイメージが違うかなあと見て無かったのです。


アニメのイメージが強くて実写化見れないとか良くあるのですが、実写化のクライマックスの盛り上がりが(*^-^*)ゞとても良かったです。

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年07月28日

Alien: Covenant

エイリアンシリーズやっと全部見れました(^∇^)ノ 

「Alien Covenant」は2012年公開の映画「プロメテウス」の続編で1979年公開の「エイリアン」の前日談として製作されたシリーズの2作目です。\(^o^)/
リドリー・スコット監督による2017年のアメリカ合衆国・イギリスのSF映画。
「Covenantコヴェナント」とは神との契約を意味し人類の創造主との壮大な物語を暗示しています。


あらすじ
プロメテウス号の失踪事件より10年後コヴェナント号が入植を目的に宇宙旅行を行っていた。
目的地到着まで数年がかかる行程中、不慮の事故が発生し冬眠装置で眠っていた乗組員が強制的に起こされる。
修理を行っている過程で偶然通信をキャッチし調査隊が送られることになった。

14名のうち11名が調査隊として惑星に着陸。大気など完璧で地球上の穀物まで
確認でき、完璧な入植先かと思われたが謎の黒い胞子が乗組員の2名の体内に侵入、
数時間後にエイリアンのネオモーフが寄生者を殺して登場、更に数名の犠牲者が出る混乱の中、
照明弾でネオモーフを追い払い、調査隊を救った人物がプロメテウス号失踪事件で唯一生き残ったデヴィッドだった。


2012年に公開の「プロメテウス」の後日譚で10年が経過しておりプロメテウスで
生き残ったエリザベス・ショウ博士とアンドロイドのデヴィッドが、その後どうなったのかの一端を知ることができます。
前作プロメテウスでは語られなかったエイリアンの誕生秘話に焦点を当てた仕上りになっています。

個人的な感想はデヴィッドの研究熱心さに脱帽(笑)ショウ博士が可愛そうでした(><)
なんでもそうですけど、全てが明らかになるより謎のベールで包まれて居る方が面白いなと思います。f(^^;

エイリアンのデザイナー「H・R・ギーガー」についてはコチラにまとめてあるので、
ご興味ある方はどうぞ。

DARK STAR H・R・ギーガーの世界
http://gsvgws.militaryblog.jp/e936213.html

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年07月24日

DARK STAR H・R・ギーガーの世界

WOWOWで「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」見ました。(^∇^)ノ
DVDは去年の12月に発売しています。
エイリアン映画も一挙放映されてて取り敢えずみんな録画してみました。


1998年スイスのグリュイエールにあるサン=ジェルマン城内にH・R・ギーガー・ミュージアムが開館された。
彼の作品の多くはそこに収蔵されています。 H・R・ギーガーはチューリッヒで暮らし亡くなるまで仕事をしていました。


H・R・ギーガーと言えば、映画「エイリアン(79)」のデザイナーとして知られるスイスのアーティストで
モノトーンの陰影で描かれるグロテスクでエロチックな画風と頭骨や脊椎などの人間の肉体のパーツと
じゃばら状のチューブなど機械的造形とを融合して構成された「バイオメカノイド(biomechanoid)、バイオメカニカル(biomechanical)」と呼ぶスタイルの作品が多く、
映画「エイリアン」や「スピーシーズ 種の起源」のデザインで一躍有名になりました。



H・R・ギーガー記事まとめたので、ご興味ある方はどうぞ。(*´∀`)♪

スピーシーズ 種の起源
http://gsvgws.militaryblog.jp/e790303.html
Hans Rudolf Giger 0
http://gsvgws.militaryblog.jp/e745120.html
Hans Rudolf Giger 1
http://gsvgws.militaryblog.jp/e738051.html
Hans Rudolf Giger 2
http://gsvgws.militaryblog.jp/e738052.html
Hans Rudolf Giger 3
http://gsvgws.militaryblog.jp/e738064.html
Hans Rudolf Giger 4
http://gsvgws.militaryblog.jp/e738494.html
Hans Rudolf Giger 5
http://gsvgws.militaryblog.jp/e738880.html

晩年の傾向としては、エアブラシを使ったモノトーン調の一枚絵ではなく、スケッチや随筆の小品が多くなりました。
自身の作品の3次元化したスタチューや、楽器、家具、羽毛布団などの芸術関連以外にも多くかかわっていました。


昼と夜が溶け合って閉ざされた暗い屋敷の中に映し出されるギーガーの自宅やアトリエはまるで別世界です。ヾ(*^。^*)ノ
時間からもぎとられ大量の資料や作品に埋もれた館に登場するのは73歳のH・R・ギーガー。

ギーガーの抱える心の安定を求めて暗闇の最深部に進みます。「旅はもうじき終わるだろう」と彼は静かに付け加える。
この映画の中のギーガーは自分の死期が近いことを予見し、その最後の時を静かに楽しんでいるようです。
2014年5月74歳で没。それ以前の貴重な映像でした。


ご興味ある方はどうぞ。(*^-^*)ゞ

DARK STAR H・R・ギーガーの世界
http://gigerdarkstar.com/

HR Giger Museum
https://www.myswitzerland.com/ja/giger-museum.html


関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV店舗紹介

2018年07月08日

The Girl with All the Gifts

「ディストピア パンドラの少女」は 2016年にイギリスで公開されたホラー映画です。
「全ての贈り物を持つ少女」の方が良かったんじゃないかと思う邦題です。


あらすじ
イングランドの田舎町にある軍事施設にはウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける
「セカンドチルドレン」たちが収容され彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われている。
ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つ少女メラニーが現われる・・・。


映画の冒頭から異様な雰囲気なのですが(^^;)一向に何の映画なのか?見えて来ないのが面白いです。
中盤で一気に物語は加速してパンデミックにより人類の大半がウイルスに感染した近未来映画だと判明します。
前半濃厚なのに何故か後半が雑f(^^;もっと丁寧にジックリ作ったら名作になってたのに惜しい所です。
しかし、結末が意外過ぎてΣ( ̄□ ̄;)!!これまでに無いゾンビ映画です。


人類が「ハングリーズ」(飢えた奴ら化)した世界に現れた二番目の子供たちセカンド・チルドレン。
これまでのゾンビ映画とは違い「第二世代」の子供に着目点を移行していて通常の人間は感染しゾンビ化しやがて第二形態化する。
しかし、第二世代はすでにそのウイルスを体内に保有し共存しているのでゾンビ化しないし第二形態化もしないという。


生まれ持った性質と共存する第二世代がどう生きどう死ぬのか?そんな踏み込んだ映画でもあります。

ご興味ある方はどうぞv(・∀・*)

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年07月03日

Muse

ミューズは 2017年スペイン/アイルランド/ベルギー/フランス製作のホラー映画です。
原題は「MUSA」ですが英語圏では「MUSE」になっています。
「REC レック」シリーズのジャウマ・バラゲロ監督作品です。


あらすじ
文学教授のサミュエルが突然の恋人の死を目の当たりにして一年。
夜な夜な女性が殺害される悪夢を見て苦しむようになりTVのニュースで悪夢と同じと思われる事件が起きたことを知る。
自分が悪夢で見た女性犠牲者(リディア)は彼の夢の中でメッセージを残す。後日サミュエルは屋敷に忍び込み同じ悪夢を見たという女性と現場で居合わせ共に「イマーゴ(心像)」という現象を追う・・・。


「バックトゥーザフューチャー」のドクことクリストファーロイドが出演しています。オープニングの映像がインパクトがあり異様で良かったです(^∇^)ノ
詩を引用した哲学的なホラーで「ダンテの神曲」がベースです。


始終どんよりした天気が続き心理的に不明瞭な場面が多いです。
ただの絶叫ホラーでは無く真実を追い求めていくので推理映画的要素が多く恐怖感薄めで最後まで見て「繋がった」と思った映画でした。\(^o^)/

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年06月30日

DUNKIRK

DUNKIRKはクリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画。
第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画です。


ダンケルクの戦いは第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つ。
ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である。
追い詰められた英仏軍は、この戦闘でドイツ軍の攻勢を防ぎながら、
輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員して、
イギリス本国に向けて40万人の将兵を脱出させる作戦を実行した。
(WIKより抜粋)


映画は異なる三つの視点が交差するような形で描かれていて、
「ダンケルクでドイツ兵から追い詰められている兵士達の一週間」
「ダンケルクに助けに行く民間の船乗り達の一日」
「イギリスからダンケルクへ向かう戦闘機乗り達の一時間」


クリストファー・ノーラン監督特有の時間軸をズラした戦争の追体験映画に仕上がっています。(*^^*)


私はこの映画の良さが良くわからず感動しなかったのですが(^^;)
時間軸が故意的にズラされているだけでなく、その時間をどういう視点で見るのかも変えられていて個人的に重みがあって辛い映画でした。(><)


圧巻なのはIMAXカメラを搭載した実機を実際に飛ばした空中戦で
スピットファイア(イギリス)とメッサーシュミット(ドイツ)の
プロペラ機の手に汗握る空中戦が新鮮で良かったです。(^∇^)ノ




関西女子サバゲ部公式スポンサー

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年06月24日

SNIPER

邦題:山猫は眠らない 原題:Sniper 1993年公開のアメリカのアクション映画です。トム・ベレンジャーとビリー・ゼインがパナマで暗殺任務にあたるアメリカ軍の狙撃兵を演じています。WOWOWで1〜7まで撮ったのですが実は8もあるそうです。しかし回を追うごとに駄作感が増していきます。個人的にお勧めは1のみ。ご興味ある方は是非見て下さい。(^∇^)ノ


あらすじ
トーマス・ベケットはアメリカ海兵隊のベテラン狙撃兵。
過去の任務遂行中に相棒である観測手を何人も失ってきた。
今回、南米のパナマの国境近くのジャングルでワシントンからの指令を受け極秘任務を遂行する彼のもとにパナマの麻薬王オチョアとアルバレス将軍を消し去るという任務を受けた。自分とは対照的に経験の浅いエリート志望のリチャード・ミラーと組むことになるが・・・


この作品が好きなのはフェイスペイントやリ―フ迷彩・ウッドランド迷彩やギリースーツといった戦争映画で重要な迷彩や擬態・武器と二人の持つ異なった背景から生まれる任務に対する姿勢の相違。
そこから生じる対立と師弟関係が育まれていく過程が良いなと思います。


ベテラン狙撃手のベケットと若手のミラーの迷彩服が違うという所も演出が上手いなあと思う点です。ベケットは帽子とジャケットがリーフ迷彩でズボンはウッドランド迷彩。この銃袋は持ち運びも含め使いにくそうでした。(^_^;)


以前にも書きましたがパターン違いの装備品を着用している=歴戦の兵士という演出が上手いと思います。(*´∀`)♪ウッドランド好きとしても外せない映画です♪

M81 Woodland
http://gsvgws.militaryblog.jp/e705301.html



それと面白いなと思った所は序盤でベケットの相棒が狙撃されて死んでしまうのですがベケットは手首の内側に腕時計をはめています。


この時計欲しくて探しましたヾ(*^。^*)ノCASIOのコレかな?


ヘリに乗り込んでからを良く観察していると手首外側のバンド部分の金具にODのテープを貼って反射光対策をしています。


この対策から見て取れるようにベケットという人物は用心深いベテランの狙撃兵であると考察出来ます。
脚本的に敵側の傭兵狙撃手となっているデシルバという不気味な男の登場も見事で、


ベケットの手の内を知り尽くしている且つての弟子に付け狙われる恐怖感もよく描けてるなと思いました。

「ONE SHOT、ONE KILL」
ベケットのセリフに任務完遂のプライドの高さが見え隠れします。


南米パナマの密林地帯でギリースーツの効果的な演出が素晴らしかったです。(*^-^*)ゞ


物語終盤の農園に偽装された麻薬王のアジトに二手に別れ忍び込むみ


ギリースーツの移動で犬の嗅覚を混乱させる為のシ―ンはΣ( ̄□ ̄;)!!ドキドキします。


終盤ミラーを守ろうとベケットは敵に捕まり拷問を受けるのですがミラーが助けに行くシーン(ノ゚ο゚)ノ
ミラーも戦士に成長してファイスペイントで凄みが出てカッコ良かったです。



今見ても見劣りしないので是非「1」お勧めです。ヾ(*^。^*)ノ

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(2)映画/TV

2018年06月21日

Free Fireヽ(*´▽)ノ♪

「Free Fire」は 2016年にイギリスで製作されたアクション・コメディ映画です♪コメディあまり見ないのですがお勧めされたので見て見ました。ヾ(*^。^*)ノ面白かったです!


あらすじ
ある夜、ボストンの郊外にある倉庫で取引が行われることになった。
IRAの構成員と武器の密売人との間での取引に仲介人も参加し、
もめ事を起こさず、素早くことを済ませようとする一同。


しかし、互いのメンバーに、個人的な確執を持ったものがいた事で
事態は思わぬ方向へと展開し倉庫の中で銃弾が飛び交う修羅場が展開される。
紅一点の女ギャング、ジャスティンを演じるのはブリー・ラーソン


むっちゃ楽しいお馬鹿映画見た感が良かったです(^∇^)ノ
映画の殆どが銃撃戦です。ノリはフロムダスクティルドーンぽい展開が読め無くて面白い♪テーマ曲が渋いし衣装も70年代の感じがいい味出てます。結構俳優陣も豪華なのです♪


登場人物も其々に個性的でキャラが立っていてわかりやすい。銃も色々出て来て楽しいです♪リボルバー最高!(*´∀`)♪
どの人物も現場から性格と特徴が説明なしで描かれているというのも素晴らしい。2016年・第41回トロント国際映画祭「ミッドナイト・マッドネス部門」で最高賞にあたる観客賞を受賞しています。

コレは是非お勧めですヾ(*^。^*)ノ 

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年06月20日

DAGⅡ

以前トルコ産ミリタリ―を見て中々興味深かったので、続きを見てみました。DAG は「山」という意味です。
原題:DAG(2012)/英題:The Mountain/邦題:サバイバーズ
DAGⅠ記事
http://gsvgws.militaryblog.jp/e881714.html


今回のDAGⅡは冒頭からハラハラする展開で良かったです。 (・∀・)ノ
原題:DAGⅡ(2016)/英題:The Mountain2/邦題:エスケイプ・フロム・イラク


あらすじ
前作で2人の上官の犠牲のもとにクルド人勢力に追われながら任務を果たし奇跡的に雪山から生還したオーズとべキール。
上官2人の死により助けられたその命を人の為に捧げたいと過酷な特殊部隊に志願する。ストーム・ブリンガー”のコードネームを持つ、トルコ軍特殊部隊。
IS(イスラム国)の捕虜になっている女性ジャーナリスト救出の指令を受け、 オーズとべキールを含む7名の隊員たちはイラクの山岳地帯に潜入。人質の救出には成功するが、IS軍の追撃を受け絶体絶命の窮地に陥ってしまう。
激戦の果て、何とか合流地点近くの村にたどり着いた彼らは、敵大部隊の接近を知る。任務を優先して、トルコに撤退するか?踏み留まって、村人の虐殺を阻止するため戦うか?彼らの選んだ道とは…。


トルコ軍の協力を得た本物の戦車、銃器、装備品などもあり、リアルでISISからの救出も銃撃戦もハリウッド映画に劣らない出来の良さ(・∀・)ノ景色など映像が綺麗で珍しい銃器も見れます。(^-^)v


トルコ人の国民性や愛国心が伝わります。
難点は回想シ―ンが多過ぎるので減らしてテンポ良くすれば更に良い作品になるのではないかと思いました。
あと、個人的に邦題を統一してと思いました。

しかし、お勧めなので興味ある方は是非ご覧ください!ヾ(´▽`*)ゝ

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV