関西女子サバゲ部
公式スポンサー
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年08月12日

Underworld

「Underworld: Blood Wars」が
2017年1月に公開されましたが、
見に行けなかったので見てみましたヽ(゚∀゚)ノ


この映画は2003年公開された「Underworld」から数えて
5作目となります。

14年もの間、主役のケイト・ベッキンセイルの
体型維持に(☆☆)脱帽です!
基本的にはヴァンパイア映画なのですが
吸血鬼は日光に弱く、狼男は銀に弱いという弱点を
銃の弾にアレンジし最新の武器としてのオリジナリティが高く
アクション満載なので好きな作品なのです(´∀`*)

という訳で一作目のあらすじ

アンダーワールド
2003年制作のアメリカ映画。
レン・ワイズマン監督。


ウィルスの突然変異で不老不死になった“アレクサンドル・コルヴィナス”
不死者(ノスフェラトウ)コルビナスと言う人物が始祖として存在し
その息子が遙か昔のハンガリーで、吸血鬼と狼男という2つの種族を誕生させた。

ウイルスに感染して不老不死となった人間のうち、
コウモリに噛まれたものが「吸血鬼」に、
狼に噛まれたものが「狼男」になった。


やがて吸血鬼と狼男は互いの種族を殺しあう全面戦争を行いはじめ、
その戦争は1000年間続きます。

時は過ぎ優秀なライカンの処刑人セリーンは
1人の人間の青年(コルヴィナスの末裔)マイケルに出会い恋に落ちる。


セリーンは彼との出会いから、
過去の復習を誓うライカン・ルシアンの策略に翻弄される・・・。


この当時は吸血鬼と狼男のカップリングが無かったので斬新でした。

もともと知名度は高かったケイト・ベッキンセイルですが、
アクション俳優というイメージが無かったので
どういう映画になるかとドキドキしていましたが
とてもスタイリッシュな戦闘アクションが見物でした。


オープニング直後に雨が降りしきる街並みを見下ろし
ビルの屋上で静かに佇む女戦士セリーン。
彼女のモノローグでこの物語は幕を開けると、
いきなり屋上から飛び降り地面に着地。
何事も無かったかのように歩き出す。


このシーンがとてもカッコ良いのです(´∀`*)

余談ですがDVDの日本語吹替えでは
声優の田中敦子さんがセリーンを演じていて
『攻殻機動隊』の草薙素子を連想させるのもツボですw

個人的に1作目が一番好きです。
しかし、6作目を製作と聞いたのでΣ( ̄□ ̄;)!!
また、機会があれば1作目から通して見たいなと思います。  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年07月29日

The Descent

2005年のイギリス映画でパニックホラーです。
「Descent」とは「降下、下山」の意味です。


あらすじ
年に一度の冒険旅行を楽しむ6人の女性友達。
今年彼女たちが向かったのはアメリカのアパラチア
山脈奥地の地下洞窟だった。


彼女達には今回の旅行は特別な意味を持ったもので、
ガイドブックには無い前人未到の場所で洞穴を突き進んでいくと


途中、落盤によって出口を塞がれてしまう。Σ( ̄□ ̄;)!!
彼女たちは迷路のような暗闇の洞窟で別な出口を探し彷徨い歩く。

やがて・・・言い争いから仲間割れが発生!
命綱ともいうべきロープや山岳道具もわずかとなる中、
想像を絶する過酷な試練と恐怖が闇の中から彼女たちに襲いかかる



話は単純なのですが・・・。
洞窟に生息する生物?がかなり怖いです ||l(TдTl||)l|

ゴアシーン多数!
6人の女性たちが魅力的で其々怖いのも特徴ですw
洞窟といった閉塞空間での恐怖は尋常じゃないです
完全お色気B級モノだと思ったら最後まで見れません!


終盤に追いたてるように恐怖が襲って来ます。
見応え充分ドキドキ感MAXでした!ヽ(゚∀゚)ノ

この映画は第8回ブリティッシュ・インディペンデント映画賞
最優秀監督賞/最優秀映画技術(編集)賞受賞
第11回ファンタスティック・フィルムフェスティバル最優秀作品賞受賞
EMPIRE誌 2006映画賞 ベストホラー大賞受賞など
多数の賞を取っています。


(;゚д゚)続編もあり、コチラも心臓バクバクします。
1 を見て居るからといって安心出来ません!



むっちゃ怖いの好きな方はお勧めなのですヽ(゚∀゚)ノ  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年07月28日

EXTINCTION

現代「EXTINCTION」2015年のスペインアメリカハンガリーフランス
上映時間:110分映画です。
「EXTINCTION」は「鎮火、終息、死滅、絶滅」の意です。

邦題は「ハーモニー・オブ・ザ・デッド」
相変わらず邦題の付け方は酷い感じなのです(^_^;)
ゾンビ映画には、「〇〇オブザ・デッド」と
付けたがる所で(ノ-o-)ノ B級臭さがプンプンします。


ストーリーは
2007年のウイルスミス主演
アイ・アム・レジェンドに酷似してます。



あらすじ
驚異の感染力を持つウイルスによって、
人類はゾンビへと変貌し地球は絶滅寸前の危機に追い込まれていた。

感染から9年の瀕死の地球。
雪に閉ざされた小さな町ハーモニーの外れに 
父と娘と男1一人と犬が生存していた。

そんなある日、絶滅したはずのヤツらがが進化した姿で現れるΣ( ̄ロ ̄lll)
ハーモニーの街は再び恐怖に飲み込まれようとしていた。
人類は遂に滅びてしまうのか。
生き抜いた人類に未来はあるのか?


ゾンビによるアウトブレイクから9年後の、
ほとんど人間もゾンビも死滅してしまった舞台を題材にした作品です。

この手の映画は結末が大体一緒なのですが
毎回見てしまう。(*^-^*)ゞこの映画は子役で救われたかな?
思います。

ディセントで出てきたような目の退化したゾンビが
音だけを頼りに襲ってきます。
(ディセントはゾンビじゃないけど)


ディセントは後程レビューしますが
色んな意味で怖かったです。(´∀`*)

しかし、「ハーモニー・オブ・ザ・デッド」は
全体的に怖くなく物足りないゾンビ映画でした。 
ゾンビ初心者には良いかもです( ・∇・)。  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(2)映画

2017年07月19日

John Wick: Chapter 2

日本での公開は2017年7/7日
あの「ガン・フー」見たさにレイトショーへ行って来ましたヽ(゚∀゚)ノ


前作(2014年)での出来事が起こってから5日後の話なので
John Wickを見返してからの鑑賞でしたw

あらすじ
前作で愛犬デイジーの復讐を果たしたジョンは、その5日後
盗まれた愛車1969年式フォード・マスタング・マッハ1を取り戻すため、
ロシアン・マフィアのボス、アブラム・タラソフの自動車工場へ乗り込んだ。


アブラム・タラソフは前作でジョンが倒したヴィーゴ・タラソフの兄弟、
ヨセフ・タラソフの叔父にあたる。
ジョンはタラソフの部下を倒したが、マスタングは廃車同然。
その後、ジョンはタラソフと和解し帰宅。

ジョンが馴染みの自動車工場主・オーレリオに
マスタングの修理を依頼する。

イタリア系犯罪組織カモッラの幹部
サンティーノ・ダントニオがジョンの自宅を訪問。
「誓印」を盾にサンティーノからの殺しの依頼が来るが断ると
自宅を爆破されてしまう。

「誓印」の効力を消すために仕方無く仕事を引き受け
ジョンはサンティーノへの復讐を開始する。
命の危険を感じたサンティーノに7億円もの懸賞金をかけられ、
世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻き込まれてしまう


序盤から目を見張るカーアクションの連続で
あっという間に死体の山w

今回ブラジリアン柔術の多様により投げ技が多かった気がする?
(自分の身を守り、体格や力の上で劣る相手でも勝てるように
考案されたのがグレイシー柔術)
アクションに、やや「もっちゃり」感を感じたのです(^^;)
前作から5日後だし切れが無くてもOKかな?思いました。

しかし、相変わらず冴えわたるガンアクションが良かった(´∀`*)
相当修練してるなと伺えます。
登場する銃も素敵なモノばかりでウットリです♪


粋な演出も多く殺し屋用のホテル/金貨/隠語/裏稼業など面白い。
「ティスティング」をオーダーすると
ウエポンソムリエがコース料理のように銃を差し出し
ジョンは味わうようにティスティングし揃えていきます。
オーストラリア製 グロック26.34、イタリア製ベネリM4、

「デザート」をオーダーすると
ナイフをという具合に提案される重火器とそれを使用した
銃劇戦が見ものでした。

今回のジョンは愛銃のドイツ製へっケラー&コッホP306だけではなく
様々な武器を多様したのが良かったですw

動機も今回も実に単純でヒーローアクションもののように
大義名分の為に誰かの為に戦うのではなく
自分の「守りたい者」の為だけに戦う姿は人間的で面白いなと思います。


Ruby Rose(ルビーローズ)が好演(☆☆)
中性的な美貌の彼女は2016年バイオハザード:ザ・ファイナル
2017年トリプルX:再起動で緑髪がトレードマークの
スナイパー役を熱演!



ルビー演じるアレスが身をつつむ、ジェンダーレスなパンツスーツ
死に様も印象に残るので上手く起用されたなと思いました。


ご興味ある方は是非(´∀`)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(2)映画

2017年07月12日

13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi 鑑賞

「13時間 ベンガジの秘密の兵士」は
トランスフォーマーシリーズのマイケル・ベイ監督
2016年製作のDVDスルー(日本では未公開)映画です。


あらすじ
2012年、世界で最も危険な場所のひとつに指定されていた。
リビアの都市ベンガジ。
米国はベンガジにCIAが秘密裏に設置しているアネックスだけを残し、
民間軍事請負業者のチーム「G.R.S.」(グローバル・レスポンス・スタッフ)
精鋭6人間がCIA職員を保護していた。


イスラム教を侮辱する映画が公開されたことで、不穏な空気に包まれる。

そこへ米国のクリストファー・スティーブンス大使ら職員4人が市内へ訪問。
予算都合上護衛無しの上に、駐在地は大使館ではなく
警備が手薄な領事館で過去にアメリカ同時多発テロ事件が起きた同日
9月11日の夜アンサール・アル=シャリーアの武装集団によって
領事館が襲撃されてしまう。

G.R.S.は大使救出を志願するが、
アネックスとG.R.S.は事実上存在していない組織で
CIA職員らは一貫して待機を強く命じる。
ついに領事館は制圧・放火されセーフルームに隠れていた
大使らまでにも被害が拡大。


限界に達したG.R.S.チームは命令を背き領事館へ向かい、
死闘の「13時間」が始まる。

序盤から気の抜けない構成で一触即発シーンが続くのですが、
戦闘には至らず…じらしにじらされます。
国に残した家族との交流やチーフとの確執に仲間との日々
そして、9月11日、日常の穏やかなシーンから
反イスラム映画のニュースが流れてだんだん不穏な雰囲気になり、
世界は一変!

題材としているのは2012年9月11日にリビアで起きた
「アメリカ在外公館襲撃事件」です。
事件のきっかけになった『Innocence of Muslims』は、
世界中に反米デモが起きた程、イスラム教を侮辱する内容だとして
イスラム教徒から猛烈な批判を浴びました。


社会派的側面から評価される映画ではありませんが
史実にもとづいてる部分が多いのでリアリティがあり
単純な戦争アクションでは無いです。
誰が味方で誰が敵なのか?見た目では判断出来ない焦燥感と
(;゚д゚)戦闘の緊迫感が伝わって来ます。


有象無象に湧いて出る得体のしれない敵を闇に隠れて迎え撃つ恐怖。
祈りの時間の中弛みが兵士の心に闇を落とします。
そして祈りが終わると同時に緊張感を終始漂わせて
終盤へと展開していきますラスト戦闘の迫撃砲シーンが凄かった!Σ(´□`;)
カメラアングルの着弾描写が絶賛!


ゴア描写も効率的に使用されていて、
戦闘は史実に違和感の無い重火器で地味なのに凄いです。

欲を言えば、序盤のじらしシチュエーション
(3戦程あるのですが)を減らして欲しかった。
でも、むっちゃカッコ良かったので、もう2-3回見ます。(*^-^*)ゞ


ご興味ある方は是非!  


Posted by G-SVG@West Side at 12:00Comments(0)映画

2017年07月11日

13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi

WOWOWで探したら・・・
放映日が7/31日だったのでΣ( ̄□ ̄;)!!
速攻!近くのTSUTAYAに行ったら借りられてて


今日!やっと借りれた!ヽ(゚∀゚)ノ

感想は後ほど。
楽しみ(*^-^*)ゞ 楽しみw  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年07月04日

NOCHNYE STRAZHI



2016年ロシア製ファンタジーホラーアクション
英題は「Guardians of the Night」から
「The Last Vampire Princess」に変更しましたが
原題に近い方が良いなと思います(ーー;)

因みに邦題は「NIGHT GUARDS」
主演女優のリュボフ・アクショノワが可愛かったです♪


同じロシア映画でも
「ナイト・ウォッチ」(露語Ночной дозор、英語: Night Watch)
「デイ・ウォッチ」 (露語Дневной дозор、英語: Day Watch)
みたいに泥臭く無く(好きなんですけどファイナル・ウォッチが見れて無い)
どちらかと言うと洗礼された感じでしたw



あらすじ
モスクワで女性歌手「ダナ」が失踪する事件が起こる。
配達の仕事をしていたパシャという青年が彼女を
偶然配達先のホテルで見つける。
実はパシャは毎晩夢の中で彼女に会っていた。

彼女を巡ってグールとグールを倒すべく
特殊機関の人間の激しい激闘が起こる。
彼女がヴァンパイアの一族の王女だと知る。
(ヴァンパイアは人間を食べる“グール”の一種という解釈)
日食に彼女と結ばれたモノがミディアン(夜の種族)達の王となる。

特殊任務“D局”はモスクワにいるミディアン達を監視し
人間との協定の均衡を司る機関。(メン・イン・ブラックのような)
パシャはダナを守るべく“D局”でイゴールと共に失踪した
ダナを追う。

思ってたより面白かったです。(´∀`*)
話のテンポもミディアンの特殊メイクも良かったw


扱う生き物が違うけど・・・。
ロシア版「メン・イン・ブラック」と言われるのも少し納得。
特殊機関が屈強な男が多く良い味だしてたし
変なコントが無い分、こっちの方が良いかも?


ご興味ある方は是非ヽ( ̄▽ ̄)ノ  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年06月22日

じょうじ じょうじ

酷評が凄かった「TERRA FORMARS」実写版見ました。
漫画好きなんですけど(^^;)


まず!実写の世界観が小さくて泣けた!(><)

大まかなあらすじ
火星のテラフォーミング用に放たれた結果人型へと進化したゴキブリ
「テラフォーマー」と、それを駆除するために特殊な手術を施された
人間との戦いを描いたSF


CGは粗雑(ーー:)変身後の戦隊衣装はセンスの欠片も無い
効果音も酷いし迫力も無いB級映画まっしぐら!


敢えて言うなら!
これほどカッコ悪くクオリティ低い映画に出来るのが凄い!  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年06月18日

HACKER

2015年のアメリカ映画ハッキング・サスペンス。


ロレイン・ニコルソンが割と可愛いですw
言わずと知れた父親はジャック・ニコルソン


ジャック・ニコルソンと言えばこれしか思い浮かばない!


名作ホラー「シャイニング」の有名なショット。
目元が似てるんかしら?

あらすじ
移民の貧しい青年アレックスの一家は、父が定職を得られず、
母が運良く見つけた銀行の仕事でかろうじて支えられていた。
だが、そんな母がリストラに遭い、理不尽な社会に復讐するために
ネット犯罪に手を染める若者たちを描いた
真実をベースに描く驚愕のハッキング・サスペンス。


話のテンポは良くて飽きさせないけれど
様々なカード事情が出て来るので面白いです。
ちょっと上手く行き過ぎで面白味にかける。

しかし、ラストのネタバレで「そういう事」と一部納得。(´∀`)

クレジットカードのあり方を真剣に考えさせられる。
実話に基づいた映画らしいので「ピエロがお前を嘲笑う」バリの
どんでん返しじゃないのが良いかな?思いました。
でも全体的にちゃちい感じが否めないのです(><)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年06月11日

88

2015年製作
邦題は「Out of Control」
ミステリアスな展開とスタイリッシュな映像で魅せるカナダ映画
制御不能の人間凶器と化した美女のサイコアクションスリラーです

主演のキャサリン・イザベルがカッコ良いヽ(゚∀゚)ノ


あらすじ
記憶喪失した主人公グウェン(フラミンゴ)が、
失った記憶を辿りながら「衝撃の事実」に辿り着く

主人公は双極性障害で二つの人格がランダムに表れ
時系列がバラバラで一回観ただけではΣ( ̄□ ̄;)!!モヤモヤ感が!
もう一回観ると頭の中がスッキリと整理され流が良くわかって面白いw


出て来るキャラが其々個性があってぶっ飛んでるから
B級なのに見ごたえは充分。( ̄∀ ̄*)
銃劇シーンも多く結構突然で生々しいw
クリストファー・ロイドがワル役で最後がちょっと泣けますw

個人的に面白いと思うのでお勧め映画です(´∀`)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画