公式スポンサー
< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年06月24日

SNIPER

邦題:山猫は眠らない 原題:Sniper 1993年公開のアメリカのアクション映画です。トム・ベレンジャーとビリー・ゼインがパナマで暗殺任務にあたるアメリカ軍の狙撃兵を演じています。WOWOWで1〜7まで撮ったのですが実は8もあるそうです。しかし回を追うごとに駄作感が増していきます。個人的にお勧めは1のみ。ご興味ある方は是非見て下さい。(^∇^)ノ


あらすじ
トーマス・ベケットはアメリカ海兵隊のベテラン狙撃兵。
過去の任務遂行中に相棒である観測手を何人も失ってきた。
今回、南米のパナマの国境近くのジャングルでワシントンからの指令を受け極秘任務を遂行する彼のもとにパナマの麻薬王オチョアとアルバレス将軍を消し去るという任務を受けた。自分とは対照的に経験の浅いエリート志望のリチャード・ミラーと組むことになるが・・・


この作品が好きなのはフェイスペイントやリ―フ迷彩・ウッドランド迷彩やギリースーツといった戦争映画で重要な迷彩や擬態・武器と二人の持つ異なった背景から生まれる任務に対する姿勢の相違。
そこから生じる対立と師弟関係が育まれていく過程が良いなと思います。


ベテラン狙撃手のベケットと若手のミラーの迷彩服が違うという所も演出が上手いなあと思う点です。ベケットは帽子とジャケットがリーフ迷彩でズボンはウッドランド迷彩。この銃袋は持ち運びも含め使いにくそうでした。(^_^;)


以前にも書きましたがパターン違いの装備品を着用している=歴戦の兵士という演出が上手いと思います。(*´∀`)♪ウッドランド好きとしても外せない映画です♪

M81 Woodland
http://gsvgws.militaryblog.jp/e705301.html



それと面白いなと思った所は序盤でベケットの相棒が狙撃されて死んでしまうのですがベケットは手首の内側に腕時計をはめています。


この時計欲しくて探しましたヾ(*^。^*)ノCASIOのコレかな?


ヘリに乗り込んでからを良く観察していると手首外側のバンド部分の金具にODのテープを貼って反射光対策をしています。


この対策から見て取れるようにベケットという人物は用心深いベテランの狙撃兵であると考察出来ます。
脚本的に敵側の傭兵狙撃手となっているデシルバという不気味な男の登場も見事で、


ベケットの手の内を知り尽くしている且つての弟子に付け狙われる恐怖感もよく描けてるなと思いました。

「ONE SHOT、ONE KILL」
ベケットのセリフに任務完遂のプライドの高さが見え隠れします。


南米パナマの密林地帯でギリースーツの効果的な演出が素晴らしかったです。(*^-^*)ゞ


物語終盤の農園に偽装された麻薬王のアジトに二手に別れ忍び込むみ


ギリースーツの移動で犬の嗅覚を混乱させる為のシ―ンはΣ( ̄□ ̄;)!!ドキドキします。


終盤ミラーを守ろうとベケットは敵に捕まり拷問を受けるのですがミラーが助けに行くシーン(ノ゚ο゚)ノ
ミラーも戦士に成長してファイスペイントで凄みが出てカッコ良かったです。



今見ても見劣りしないので是非「1」お勧めです。ヾ(*^。^*)ノ

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年06月21日

Free Fireヽ(*´▽)ノ♪

「Free Fire」は 2016年にイギリスで製作されたアクション・コメディ映画です♪コメディあまり見ないのですがお勧めされたので見て見ました。ヾ(*^。^*)ノ面白かったです!


あらすじ
ある夜、ボストンの郊外にある倉庫で取引が行われることになった。
IRAの構成員と武器の密売人との間での取引に仲介人も参加し、
もめ事を起こさず、素早くことを済ませようとする一同。


しかし、互いのメンバーに、個人的な確執を持ったものがいた事で
事態は思わぬ方向へと展開し倉庫の中で銃弾が飛び交う修羅場が展開される。
紅一点の女ギャング、ジャスティンを演じるのはブリー・ラーソン


むっちゃ楽しいお馬鹿映画見た感が良かったです(^∇^)ノ
映画の殆どが銃撃戦です。ノリはフロムダスクティルドーンぽい展開が読め無くて面白い♪テーマ曲が渋いし衣装も70年代の感じがいい味出てます。結構俳優陣も豪華なのです♪


登場人物も其々に個性的でキャラが立っていてわかりやすい。銃も色々出て来て楽しいです♪リボルバー最高!(*´∀`)♪
どの人物も現場から性格と特徴が説明なしで描かれているというのも素晴らしい。2016年・第41回トロント国際映画祭「ミッドナイト・マッドネス部門」で最高賞にあたる観客賞を受賞しています。

コレは是非お勧めですヾ(*^。^*)ノ 

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年06月20日

DAGⅡ

以前トルコ産ミリタリ―を見て中々興味深かったので、続きを見てみました。DAG は「山」という意味です。
原題:DAG(2012)/英題:The Mountain/邦題:サバイバーズ
DAGⅠ記事
http://gsvgws.militaryblog.jp/e881714.html


今回のDAGⅡは冒頭からハラハラする展開で良かったです。 (・∀・)ノ
原題:DAGⅡ(2016)/英題:The Mountain2/邦題:エスケイプ・フロム・イラク


あらすじ
前作で2人の上官の犠牲のもとにクルド人勢力に追われながら任務を果たし奇跡的に雪山から生還したオーズとべキール。
上官2人の死により助けられたその命を人の為に捧げたいと過酷な特殊部隊に志願する。ストーム・ブリンガー”のコードネームを持つ、トルコ軍特殊部隊。
IS(イスラム国)の捕虜になっている女性ジャーナリスト救出の指令を受け、 オーズとべキールを含む7名の隊員たちはイラクの山岳地帯に潜入。人質の救出には成功するが、IS軍の追撃を受け絶体絶命の窮地に陥ってしまう。
激戦の果て、何とか合流地点近くの村にたどり着いた彼らは、敵大部隊の接近を知る。任務を優先して、トルコに撤退するか?踏み留まって、村人の虐殺を阻止するため戦うか?彼らの選んだ道とは…。


トルコ軍の協力を得た本物の戦車、銃器、装備品などもあり、リアルでISISからの救出も銃撃戦もハリウッド映画に劣らない出来の良さ(・∀・)ノ景色など映像が綺麗で珍しい銃器も見れます。(^-^)v


トルコ人の国民性や愛国心が伝わります。
難点は回想シ―ンが多過ぎるので減らしてテンポ良くすれば更に良い作品になるのではないかと思いました。
あと、個人的に邦題を統一してと思いました。

しかし、お勧めなので興味ある方は是非ご覧ください!ヾ(´▽`*)ゝ

関西女子サバゲ部公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年05月12日

THE AUTOPSY OF JANE DOE

「ジェーンドウの解剖」は2017年イギリスのホラー映画です。
因みにJANE DOEは「名前不明の人物」という意味です。
男性の場合はジョン・ドウ (John Doe)
女性の場合はジェーン・ドウ (Jane Doe)
複数の場合はジョン・ドウズ (John Does)となります。


あらすじ
身元不明の美しい女性の死体が発見される。この死体には奇妙な点が多数あった
遺体安置所で行われる身元不明女性遺体の検死をはじめた親子に様々な怪現象が巻き起こる。


リアリティある(;・∀・)解剖の描写が凄いです。実際にロスの遺体安置所を訪れたスタッフが現場で知り得た情報をセットに活かしています。
廊下にある凸面鏡が設置や、遺体から出て来るハエを捕獲する為の電気虫取り器が有る等。


「身元不明」の遺体を解剖することで謎に迫っていくのが見せどころです。
ラジオや鈴の音などで恐怖を煽る工夫がされていて演出的には良かったと思います。遺体役はロシアのモデルさんでとても美しいです。(*´ω`*)


ただ、(^-^;この手の映画にありがちな実体を出すのはどうかと出さない方が、より一層怖かったのでは無いかと思います。
個人的に結末は良かったです。(*^-^*)ゞ ゴア系ホラー大丈夫な方はどうぞ♪


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年04月20日

Ex Machina

「エクス・マキナ」は2015年のイギリスのSFスリラー映画です。
第88回アカデミー賞視覚効果賞受賞作品。
アレックス・ガーランドの監督・脚本。


あらすじ
世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは社内抽選に当選し、社長のネイサンが所有する山間の別荘に滞在することになる。
そこで人工知能を持ったロボットのAva(エヴァ)に会う。


「28日後」「わたしを離さないで」などで脚本を務めたアレックス・ガーランドの初監督作品です。
ノルウェーの自然の中に建てられたモダンな建物と限られた人数と視覚効果で
奥深い作品に仕上げたのは賞賛に値します。

焦点は人工知能の「意識(心)」について哲学的に語り合うと共に格言を散りばめ、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインを出すことで論考を促す上手い仕上がりになっています。
また、ジェンダー論が組み込まれているのが、この作品のユニークな所だなと思います。


「何故AIに性別を与えた?AIに性別は不要だ。灰色の箱で良い。」
優れた倫理規範を備えた人間がチューリングテストで導き出した答え。
器には想像以上の感情を引き出す効果がある。

そして、私達に密接した世界。
「検索エンジンは人間の思考形態そのものだ」共感出来るのはGoogleなどで毎日やってる事。
人間の趣味趣向を細かく教えて関連広告が表示される現在。
Googleは巨大企業で、人間に便利なツールを作り多くは無料で提供している。
その反面で自分の情報を相手に渡す事に至っているが、それに抵抗感じる意識が薄れてる。


最後のまさかの結末後にジワリジワリと恐怖が増す映画です。

ドンパチはありませんけど、
お勧めなので是非(^∇^)ノAvaが可愛いです♪
抽象画家のジャクソン・ポロックの事も知っておくと面白いと思います。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年03月16日

Hacksaw Ridge

「ハクソーリッジ」は2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。監督はメル・ギブソンです。

概要
第二次世界大戦、沖縄のHacksaw Ridge(前田高地)で良心的兵役拒否者(Conscientious objector)の若者が銃を持たず衛生兵として多くの兵士を救った実在した 2等兵の半生を描く


Hacksaw Ridgeとは沖縄の前田高地の事で
詳細は下記URL参照してください。
前田高地の戦闘
http://www.okinawa-senshi.com/maeda-new.htm

序盤から中盤にかけては主人公の生い立ちと
良心的兵役拒否者でありながら志願兵として戦場に赴くまでの訓練の様子が描かれています。


中盤から戦場に赴き終盤にかけては感動してしまいました。(;;)

「神様、もう1人助けさせてください。」

味方が撤退した中、一人Hacksaw Ridgeに残された主人公が逃げ遅れた負傷者を懸命に救出する姿に心打たれます。゜゜(´O`)°゜

また、前田高地での熾烈を極めた悲惨な戦闘が凄まじいです。(|| ゜Д゜)大日本帝国陸軍の第62師団の(沖縄に転用され第32軍に属)勢いが鬼気として恐ろしかったです。

公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年03月13日

The Long Road Home

2017年 アメリカドラマです。


2004年4月4日にバグダッドのサドル・シティで発生したアメリカ軍とイラク武装勢力の武力衝突イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件
「ブラック・サンデー」に至った経緯を描いた実録戦争ドラマ全 8 話作品です。ヽ(゚∀゚)ノ


ドキュメンタリーのような?リアリティある作品です。
「ブラックサンデー」事件の当事者や、その家族にインタビューしたものをまとめ上げ、ノンフィクションとして原作にしています。


National Geographicで去年12月から撮りだめしやっと全話鑑賞しました。
中々出来栄えが良く1話から展開が早くドキドキします。
特に現地人同士の対話や米軍とのやりとり通訳を介しての世情の複雑さなどがわかりやすく描写されています。


戦場では取り残された小隊の結束が固く敵に囲まれながらも救出までの時間を戦い抜こうとする兵士にハラハラさせられたり、
車の故障で身動き取れなくなった小隊の動向は目が離せません。


米軍側の家族ドラマなど様々の事情で派兵され、その後などのエピソードもあり見応えあります。


お勧めなので、お時間ある方は、まだ放送されているので、ご興味のある方は是非(^^♪

毎回「前回までのあらすじ」が冒頭に入りますので、わかりやすいです。

2018/03/13  23:00  第2話 混沌 (原題:The Eye of The Storm) [字]
2018/03/17  15:00  第2話 混沌 (原題:The Eye of The Storm) [字]
2018/03/20  23:00  第3話 未知の領域 (原題:Into The Unknown)[字]
2018/03/24  15:00  第3話 未知の領域 (原題:Into The Unknown)[字]

詳細はこちら
ロングロ―ドホ―ム
http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2342


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年03月09日

Part1 By, With & Through

National Geographic で「Chain of Command」が
3月6日(火)からスタートしました(^-^)v
[字] 22:00~23:00/[二] 24:00-25:00 (毎週)
「Chain of Command」指揮命令系統、色々と勉強になります。


お国は違いますが近代戦とは、こういう類の形式になる映画
「EYE IN THE SKY」を見て認識したので
受容れやすかったです。
http://gsvgws.militaryblog.jp/e908878.html


「Chain of Command」はアメリカ国防総省に
1年以上密着取材を敢行したドキュメンタリー番組で
主にイラク北部の主要都市モスル奪還作戦の前線に
焦点を当てています。


全 8 話あり見応え充分なので楽しみです(*^-^*)ゞ


1 話、お見逃がしの方は
National Geographic channel コチラで見れます。
2018/03/10  14:00  第1話 米軍の指揮系統 [字]
2018/03/11  09:30  第1話 米軍の指揮系統 [二]

ご興味ある方は是非なのです。ヽ(゚∀゚)ノ

Chain of Command
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/tv/18/021400027/?ST=m_tv


公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年03月07日

DIGITAL SCREEN

2016年ロシア製作のパニック超大作映画です。


邦題は「フライト・クルー」です。
今回は邦題の方がシックリ来ました。ヾ(*^。^*)ノ


あらすじ
空軍パイロットのアレクセイは上官の輸送命令に背いた事で
軍を解雇されてしまう。航空会社に転職したアレクセイは、
厳格なベテラン操縦士ジェンチェンコの指揮下訓練生として採用される。
ある日、彼らが操縦する航空機に、洋上の火山島から避難通報が入り、
被災した人々の救助へと向うのだが・・・。


序盤の緩い人間ドラマとは裏腹に中盤から終盤にかけて
息を飲む見せ場の連続の航空スペクタクル・パニック映画です。
一難去ってまた一難と覆いかぶさるようにして状況が変化し
ハリウッド顔負けの派手なパニック描写とアングルが素晴らしく良いです。


「エネミー・ライン」2002
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」2011など、
ハリウッドにも活躍の場を広げているロシアの実力派俳優
ウラジミール・マシコフ主演ヽ(゚∀゚)ノ


大地と大空で展開する二つの脱出劇が見物です。
お暇な方は是非共ご覧くださいヽ(゚∀゚)ノお勧めです♪


公式スポンサー
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV

2018年03月02日

EYE IN THE SKY

邦題『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は
2015年製作ドローンを使用した現代の戦争の実態を描いた
イギリスの軍事サスペンス映画です。


あらすじ
英軍のキャサリン・パウエル大佐はベンソン中将のもと
英・米・ケニア3国による合同軍事作戦を指揮。
ナイロビに潜伏するテロリストの捕獲を謀る。
長い間追い求めてきたテロリストがアジトに集結。
「空の目」と呼ばれる、無人偵察機を使って小型ドローンを使用
アジトを調査させ一網打尽の作戦へ

しかし、
数名の顔認証が出来無い為にアジトを移動するテロリストを追跡後
自爆テロによる大勢の命と引き換えを阻止するために一人の少女の命を
見過ごしてドローンミサイルを発射できるかどうかを、
操縦士、作戦指揮官、作戦会議室などさまざまな視点から検討するが・・・。


作戦を指揮する英国軍大佐と、国防相や他の政府閣僚達が居るロンドン、
米兵が無人偵察機を操作するラスベガスの米軍基地
ナイロビの作戦本部、テロリストが潜伏する家の近く、
複数の場所が次々とスクリーンに映し出される。


現代の戦争はゲームをプレイするように
コンピュータ画面と向き合い淡々と任務を遂行する。
安全な場所から遠隔操作でミサイルを発射する事は出来るのに
遠隔操作で少女を安全な場所へと移動させることは出来無い。


中途半端な正義と最新技術にジレンマを感じる。
子供の命の重さは生まれた国に寄って異なるものなのか?
ベンソン中将の孫娘とナイロビの少女の違いは?
イギリスとアメリカのテロに対する思考の差異が印象的。
政治家の嫌味に軍人であるベンソン中将の言葉が重みを感じました。


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画/TV