公式スポンサー
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年01月20日

Land of mine

2015年のデンマーク・ドイツの史実に基づいた映画です。
邦題「ヒトラーの忘れもの」 毎度の事ながら(ノД`)邦題が酷いです。


あらすじ
1945年5月ナチス・ドイツによる
5年間の占領から解放されたデンマーク
若いドイツ兵の戦争捕虜の集団がデンマーク当局に引き渡され、
ナチス・ドイツが砂の中に埋めた200万以上の地雷を撤去するために
西海岸へと派遣される。


戦争捕虜の強制労働を禁じるジュネーヴ条約に違反する命令。
そんな中、少年兵たちはデンマークの軍曹の指揮の下、
危険な作業に身を投じる。


彼らを指揮するデンマーク人軍曹はナチスに激しい憎しみを抱きながら、
無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て良心の呵責に
さいなまれるようになっていく。


地雷撤去を強要された2000人以上のドイツ兵のうち約半数が
命を落としたり手足を失ったといわれています。
デンマークに残されたドイツ兵捕虜で、その多くは大戦末期に徴兵された
10代半ばの少年兵だった。


地雷除去の方法を即席の訓練でたたき込まれて現場に送られた
ドイツ人少年兵。彼等は爆発から身を守る防具類を一切与えられず、
棒きれ1本で地雷を探り当て素手で信管を外す。


1942年、ドイツ軍は大西洋側からのアメリカ・イギリスの侵攻に備えて、
スカンディナヴィア半島からピレネー山脈へと延びる海岸線に
「大西洋の壁」と呼ばれる約2600kmに及ぶ防御線を築いた。
その内、デンマークの西海岸はこの壁の約400kmを占め、
そこに埋められた地雷がこの映画の背景となっている。

そして終戦後、デンマークに駐屯した20万人を数えるドイツ将兵の
扱いは、北ドイツの占領政策を担当したイギリス軍の監督を
仰ぐことになった。劇中に登場するドイツ兵に少年が多いのは、
大戦末期に追い詰められたドイツが徴兵の年齢を10代半ばまで
引き下げていたことによる。
大戦中にイギリスへ渡ってドイツ軍への反攻にむけて訓練を受けた
デンマーク兵が多くいたという。
劇中の軍曹がデンマーク将校でありながら、
イギリス軍式の制服を着用しているのはそのため。(WOWOWより抜粋)


兎に角、敗戦国の悲惨な状況を淡々と描かれていて緊張感、
過酷さが見ていて(><)辛い映画です。
最後に救いがあって良かったなと思いました。
戦争の悲惨さ大丈夫な方は是非ご覧になって見て下さい。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2018年01月18日

VIRAL

VIRALは2016年のアメリカ映画で寄生虫感染によるパンデミックホラーです。
「寄生虫によって支配された人間」に着盲点を置いている事が斬新で面白いです。(´∀`*)


あらすじ
教師の父とともに田舎町に引っ越してきたエマと姉のステーシー。
楽しい学校生活を送っていた。
ある日、エマの友人が授業中倒れ咳と共に大量の血液を吐き出す。
時同じくして、都会では新手の感染病が蔓延しているというニュースが流れ、
彼女たちの住む街でも外出を控えるよう放送が始まっていた。
退屈に我慢できなくなり近所のパーティへと繰り出してしまう。
ところがそのパーティ会場で怪しい男の吐血をステーシーが浴びてしまう。
次第に感染の兆候を示す姉をエマは救えるのか?


主人公の父親が生物教師で寄生虫の授業もあり中々お話はリアル
ゾンビ映画と違うのは宿主体内での繁殖エネルギーの確保のため
食欲旺盛になり普通の食べ物も食べる、会話が出来る。
寄生虫を摘出する事が出来る。

進行が進むと寄生虫本体は人体から情報を得る事が出来無いので、
体外にニョロニョロと這い出しΣ(゜Д゜)
音の振動を頼りに次の宿主を探す。
さらに感染者が複数で暗い部屋に籠もり
お互いを寄生虫で連結している様子はグロテスクでした。(^o^)/


若者視点で謎の寄生虫に日常が侵食されていく恐怖を描いてるのも面白い点ですが吐血感染だけなのでパンデミック感が地味で姉妹がどう生き残るか視点なので
ホラー感少なめなのが個人的には残念でしたヽ(´o`;


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2018年01月09日

スウェーデン映画

先日見たスウェーデン映画は
邦題「神の手 血塗られた儀式 」は2016年の映画です。
原題「Vilsen」は迷いかな?「Ave Materia」というタイトルが象徴的で
Aveは「さようなら」Materiaは「物質」物理的な制約を超えること?
すなわち既成概念に囚われず自由意志で真摯に生きるという事でしょうか?


邦題より原題の意味に近い気がします。

あらすじ
カルト集団による連続猟奇殺人事件が発生しその解明に
幼少時代に神父の父を失ったガブリエラ(女性)が協力する。

中々わかりづらい濃厚な映画ですw
スウェーデンで作られた緊迫感のある犯罪サスペンスホラーで
序盤〜中盤の作り込みが素晴らしく面白いのに
終盤は驚くほどチープな展開でビックリします。(^^;)

好きなスウェーデン映画は
スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの推理小説を原作にした映画、
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』原作は三部構成となっており見ごたえ充分でした。


「ドラゴン・タトゥーの女」「火と戯れる女」
「眠れる女と狂卓の騎士」から成る三部作


2011年には「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」の
デビッド・フィンチャー監督がハリウッドでも
『ドラゴン・タトゥーの女』として映画化されました。


ドラゴン・タトゥーの女 過去記事はコチラ
http://gsvgws.militaryblog.jp/e579078.html
http://gsvgws.militaryblog.jp/e735791.html

ハリウッドで「ドラゴン・タトゥーの女」の続編が製作されていて
2018年公開とか?配役もゴロっと変わるのです(^^;)
「The Girl in the Spider's Web(原題)」に、
英女優クレア・フォイの主演が正式決定との事。
フォイは主人公リスベット・サランデル役を演じます。


個人的にイメージが違う気がするのですが(^^;)
監督が2016年「DON'T BREATHE 」フェデ・アルバレス という事で


Don't Breathe過去記事
http://gsvgws.militaryblog.jp/e830086.html
少し期待(´∀`*)どうなるのか?楽しみな所です。


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年12月14日

CRIMSON PEAK



ギレルモ・デル・トロが描くダークミステリーとありますが
ゴシックホラーな気がします。2015年のアメリカ映画です。


ドンパチは一切ありませんが
美しくおぞましい、その独特の世界観は見る価値ありです。

あらすじ
死んだ母の幽霊と10歳の時に遭遇したイーディス。
それ以来、彼女は亡霊を目にするようになる。
トーマスと運命的な出会いを果たした彼女は、
自分の父親が謎めいた死を遂げたのを機に彼と結婚。
赤粘土の影響で雪が赤くなることから
クリムゾン・ピークと呼ばれる山頂に立つ豪邸。


トーマスの姉ルシールと共に三人での生活する。
夜な夜な体を真紅に染めた亡霊たちが
イーディスの前に現れ奇妙な警告をする。


屋敷は凝って作られた素晴らしいセットだなと思います。


細部にまで精巧につくられた屋敷は荘厳です。


是非興味ある方はご覧になって見て下さい。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年12月13日

「銃夢」実写化

以前「銃夢」の漫画の記事をあげた事があるのですが
http://gsvgws.militaryblog.jp/e667294.html
主人公のガリィがむっちゃ可愛くてカッコ良い漫画なのですw
この実写化が2018年に見れるとあって(´∀`*)
狂気乱舞していますw(2018年7月20日全米公開)


ジェームズ・キャメロンが15年以上前から製作を切望してきた
日本のSFアクション漫画「銃夢」
英題は「Alita: Battle Angel」
https://youtu.be/CqYfXOYqzy4
ちょこっと映像公開されているヽ(゚∀゚)ノ
出来は良さげでとても楽しみなのです♪


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年11月10日

GET OUT

映画の日に見て来ました。ヽ(゚∀゚)ノ
2017年アメリカ映画サプライズスリラーです。

「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など
人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、
監督は米の人気コメディアンのジョーダン・ピール。


あらすじ
ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス
黒人のクリスと白人のローズは付き合い始めて5か月の仲良カップル。
週末に恋人の白人女性ローズの実家に招かれる。
歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚える。

しかし、この家族には信じられない秘密があった。


序盤から「何かおかしい?」の連続で中盤まで
ジリジリと尾を引くように引っ張り続けます。

深層心理を針でつつくような嫌な感じが続き
それが全く明らかにならない所が面白いです。


終盤は割と衝撃的な内容なのですが鑑賞しているうちに
なるほど!そういう事か!と納得してしまうのが
脚本の素晴らしさと着目点の面白さ低予算ながらも
先の読めない怪作だと思いました。

主演のダニエル・カルーヤはボーダーラインではパッとしなかったけど
ゲットアウトでは良い演技してたなと思います。

お時間ある方は是非!ヽ(゚∀゚)ノお勧めです♪

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年11月08日

ジャッジドレッド2012

原題:DREDDは2012年イギリス・南アフリカ製作の
バイオレンスアクションです。

スタローンのジャッジドレッド1955の
リメイク版と聞いていたので
どんな感じかな?と思っていたのですが
新人ジャッジ役のオリヴィア・サールビーが
可愛いです(^^♪


そして監督はピート・トラヴィス
『バンテージ・ポイント』で注目された
スローモーションの映像がとても良い味出していましたヽ(゚∀゚)ノ
この「映像」は見る価値ありだと思います。


あらすじ
舞台は近未来の荒廃した世界。
凶悪犯罪が発生する「メガシティ・1」
そこでは、陪審員、裁判官、刑執行
全ての権限を与えられた集団ジャッジが、
街の治安を維持していた。

地上200階のマンモス・タワーで殺人事件が
発生しジャッジの精鋭ドレッドは新人の
アンダーソンと共にギャングを率いる
マーマが支配する超高層ビルに乗り込む。
マーマはビルを完全封鎖した上に住民たちにドレッドの殺害命令を下す。


お話は単純でわかり易くて良いと思います。
あとは武器がカッコ良かったです(´∀`*)
主演はスタローンではなく
『スター・トレック』のカール・アーバン
劇中で一回もヘルメットをとる事が無いので誰だかわからないレベルです。


「ジャッジ・ドレッド」は原作コミックスがアメコミとして紹介されているのを時々見ますが、
元々は英国のコミックスで、クローネンバーグの
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の
原作者ジョン・ワーグナーが創作しスペインのアーティスト、カルロス・エズキエラがヴィジュアル化したキャラクターです。

ジャッジドレッド1995ほとんど覚えて無いので
見て見ようと思いました。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年11月05日

The Thing 2011

2011年のアメリカ合衆国のSFホラー映画。
「The Thing 1982」の前日談を描く
http://gsvgws.militaryblog.jp/e880110.html


あらすじ
ノルウェー基地にて掘り出されたUFOの乗組員が、
基地内の地球人類を汚染していく。


明らかにコチラの方が前日談でありながら最新(ーー;)
まぁありがちなのですが。
遊星からの物体Xといえば、変幻自在に変化する
異星人のおぞましい姿が見ものです。

しかし、最新版のエイリアンの独創性が失われて
ただの怪物のような表現や造型になってしまった事が残念です。


「The Thing 1982」はコレどう変形さすつもりやろ?(@@)
的な不安要素が多く見ていてハラハラしたのですが
そういう意味で「The Thing 2011」は安定していて
個人的に面白身に欠けました。


後、あの独特の音楽
前作では終始不安感をあおる曲が低く流れていて、
信じられない出来事を演出していましたが、
今回のBGMは、いまいち存在感がありませんでした。


良かった事は2点
主演のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが、
精緻な観察力から偶然発見する簡単な物体Xの見分け方は、
今回のリメイク作品で重要な要素でした。

スタッフロールが流れる部分で、
82年版の開始部分を最後に作りこんでいた事です。

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年11月04日

Standoff

「スタンドオフ」は2016年のカナダ製作のサスペンスアクション映画です。


あらすじ
父親と葬儀に来た少女は偶然暗殺現場を目撃し、
その瞬間をカメラに収める。
殺し屋に気付かれてしまった少女は命を狙われる。
近くの家に逃げ込んだ少女は一軒屋に暮らす
元軍人のカーターに助けを求める。


わずか、86分の映画ですが見ごたえがあります。
要点を簡素にまとめ各々の心理描写もわかり易く
閉鎖的な空間を上手く演出しています。

「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンが
良い味だしてます(^^♪


ローレンス・フィッシュバーンはマトリックスでも有名ですが
実はApocalypse Now のタイロン・ミラー 役で
登場してる役者さんで芸歴長いなぁ〜思います。

お勧めなので興味ある方は是非なのですヽ(゚∀゚)ノ

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画

2017年10月24日

THE CALL UP

邦題「VR ミッション:25」は2016年のイギリス製作の
アクションスリラー映画です。
邦題の意味がまたまた謎です。25はなんだろ?


あらすじ
最新鋭のテクノロジーを駆使したゲーム体験への招待を受けた男女が、
ビル内に監禁され武器を手にしてテロリスト相手の
過酷なサバイバルを繰り広げ脱出を試みるアクションスリラー。


最初のバーチャル空間に入るまでは面白そうだと思うし
入ってから暫く「なるほど〜」ってなります(´∀`)
ヘルメットのシールドの上げ下げでバーチャル空間と
現実の切り替えができるのは面白いですヽ(゚∀゚)ノ


設定は最高に良いのに話が読めちゃう脚本が
ちょっと残念(゜∀゜)興味ある方はご覧ください♪  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)映画