関西女子サバゲ部
公式スポンサー
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年08月12日

Underworld

「Underworld: Blood Wars」が
2017年1月に公開されましたが、
見に行けなかったので見てみましたヽ(゚∀゚)ノ


この映画は2003年公開された「Underworld」から数えて
5作目となります。

14年もの間、主役のケイト・ベッキンセイルの
体型維持に(☆☆)脱帽です!
基本的にはヴァンパイア映画なのですが
吸血鬼は日光に弱く、狼男は銀に弱いという弱点を
銃の弾にアレンジし最新の武器としてのオリジナリティが高く
アクション満載なので好きな作品なのです(´∀`*)

という訳で一作目のあらすじ

アンダーワールド
2003年制作のアメリカ映画。
レン・ワイズマン監督。


ウィルスの突然変異で不老不死になった“アレクサンドル・コルヴィナス”
不死者(ノスフェラトウ)コルビナスと言う人物が始祖として存在し
その息子が遙か昔のハンガリーで、吸血鬼と狼男という2つの種族を誕生させた。

ウイルスに感染して不老不死となった人間のうち、
コウモリに噛まれたものが「吸血鬼」に、
狼に噛まれたものが「狼男」になった。


やがて吸血鬼と狼男は互いの種族を殺しあう全面戦争を行いはじめ、
その戦争は1000年間続きます。

時は過ぎ優秀なライカンの処刑人セリーンは
1人の人間の青年(コルヴィナスの末裔)マイケルに出会い恋に落ちる。


セリーンは彼との出会いから、
過去の復習を誓うライカン・ルシアンの策略に翻弄される・・・。


この当時は吸血鬼と狼男のカップリングが無かったので斬新でした。

もともと知名度は高かったケイト・ベッキンセイルですが、
アクション俳優というイメージが無かったので
どういう映画になるかとドキドキしていましたが
とてもスタイリッシュな戦闘アクションが見物でした。


オープニング直後に雨が降りしきる街並みを見下ろし
ビルの屋上で静かに佇む女戦士セリーン。
彼女のモノローグでこの物語は幕を開けると、
いきなり屋上から飛び降り地面に着地。
何事も無かったかのように歩き出す。


このシーンがとてもカッコ良いのです(´∀`*)

余談ですがDVDの日本語吹替えでは
声優の田中敦子さんがセリーンを演じていて
『攻殻機動隊』の草薙素子を連想させるのもツボですw

個人的に1作目が一番好きです。
しかし、6作目を製作と聞いたのでΣ( ̄□ ̄;)!!
また、機会があれば1作目から通して見たいなと思います。  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2017年07月18日

Ruby Rose



2016年「バイオハザード: ザ・ファイナル」で
(Resident Evil: The Final Chapter)
アビゲイル役のルビー・ローズ がカッコ良かったw


バイオハザードのアビゲイル役は
これまでのシリーズには登場していませんでしたが、
ファイナルでは主演のミラ・ジョヴォヴィッチ演じる
アリスと一緒に戦っていく役でした\(^o^)/



Ruby Rose Langenheim(ルビー・ローズ・ランゲンハイム )
オーストラリアのメルボルン生まれ、1986年3月20日が誕生日
身長は170cmで、ファッションモデル、DJ、女優など
様々な経歴を持っています。凄いですね(´∀`*)

ルビー・ローズが女優として有名になったのは、
2015年にNetflixで公開されたドラマ
「Orange is the New Black」のシーズン3で
ステラ・カーリン役で中性的な女性の囚人を演じていました。

正に今、「旬」の女優さんです♪v(・∀・*)

2017年「トリプルX:再起動」ではアデル役で


緑髪のスナイパー役が印象的でした(*^-^*)ゞ



2017年「ジョンウィック2」でもアレス役で好演!





2018年公開の巨大サメ映画「Meg」にも登場しますw
楽しみなのです(☆☆)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2017年06月11日

88

2015年製作
邦題は「Out of Control」
ミステリアスな展開とスタイリッシュな映像で魅せるカナダ映画
制御不能の人間凶器と化した美女のサイコアクションスリラーです

主演のキャサリン・イザベルがカッコ良いヽ(゚∀゚)ノ


あらすじ
記憶喪失した主人公グウェン(フラミンゴ)が、
失った記憶を辿りながら「衝撃の事実」に辿り着く

主人公は双極性障害で二つの人格がランダムに表れ
時系列がバラバラで一回観ただけではΣ( ̄□ ̄;)!!モヤモヤ感が!
もう一回観ると頭の中がスッキリと整理され流が良くわかって面白いw


出て来るキャラが其々個性があってぶっ飛んでるから
B級なのに見ごたえは充分。( ̄∀ ̄*)
銃劇シーンも多く結構突然で生々しいw
クリストファー・ロイドがワル役で最後がちょっと泣けますw

個人的に面白いと思うのでお勧め映画です(´∀`)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年10月23日

Bitva za Sevastopol

邦題「 ロシアン・スナイパー」は
2015年公開のロシア・ウクライナ合作映画です。




第2次世界大戦中に309人ものナチス兵を倒した
ソ連の天才女性スナイパー実在の女性狙撃兵
「リュドミラ・パブリチェンコ」の壮絶な半生を描いています。




この映画の良い所はが決して戦争を美化した内容ではなく
切なく脆い人間模様と信念を持って生きた人間の
葛藤を真意に披瀝しています。




淡々とした描写と地味なスナイパーシーンも数多く、
英雄を後世に残すというハリウッド視点では無く
ロシアらしい映画に仕上がっています。




あらすじは

1941年、ナチスドイツがソ連への侵攻を開始。
当時女子大生のリュドミラは突出した射撃の腕を軍に見出され、
狙撃兵として戦地へと向かう。

次々と戦功をあげ、ナチス兵たちから
「死の女」と恐れられるようになったリュドミラ。

その一方で軍上層部によって戦意高揚の道具として利用され。
「戦場における英雄」というプロパガンダ。
やがて戦況が悪化しソ連軍はセバストポリ要塞に追いつめられる。




彼女の心も消耗し傷つきながらも
生きがいを見つけ、子供を産み育てるあげる「女性」の姿に
強いなと思いました。

ご興味ある方は是非(´∀`*)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年09月21日

Suicide Squad




「スーサイド・スクワッド」行って来たーヽ(゚∀゚)ノ
DCコミックスが刊行する同名の漫画シリーズの実写映画化作品で
2016年公開のアメリカ映画ですww




あらすじ
スーパーマンが死去してからしばらく経った後、
第二のスーパーマンへのカウンターとして
ヒーローたちによって捕らえられた凶悪犯たちが、
減刑と引き換えに危険な任務を行う
通称「スーサイド・スクワッド」を結成する。
命令に背いた者には自爆装置が作動する。




内容よりもマーゴット・ロビー演じる
ハーレークイーンが可愛いので全て許せる感じ(笑)
キュートで最高に狂っていて少女のように無邪気で可愛らしい。

マーゴット・ロビーは以前の記事で「FOCUS」というレビューを
あげたのですが、この時は綺麗なお姉さんでしたww

http://gsvgws.militaryblog.jp/e773066.html

役者さんて凄いなと改めて思いました(*^-^*)ゞ




愛するジョーカーを「プリンちゃん」と愛称で呼び、
彼のためなら死も厭わない。(´∀`*)

主役を食ってしまう程の勢いが素晴らしいww




そして!
あまりにも強烈なインパクトあった「ダークナイト」のジョーカー
今回ジョーカー役を演じる役者は相当のプレッシャーがあったはず
若いジョーカーとして「ありかな?」と思わせた
ジャレッド・レトの奮闘も個人的には良かったです(^^♪

続編の話も出て居るようなので
興味ある方はどうぞw

公式ページ
http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad/index.html
  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年08月30日

The Forest / 樹海




2016年製作 アメリカ映画「ザ・フォレスト」は
日本の青木ヶ原樹海が舞台のホラー映画ですヽ(゚∀゚)ノ
(日本未公開映画です。)WOWOWでみましたw

主演のナタリー・ドーマーは
2005年、ロマンティック・コメディ「カサノバ」でデビューし、
その後、映画やテレビドラマで活躍している女優さんです




あらすじは
青木ヶ原樹海で行方不明となった双子の妹を捜すため、
日本に来日した姉のジェス(ナタリー・ドーマー)が、
死者の魂に邪魔されつつも真相を追う。

脚本は「ダークナイト」の原案者デヴィッド・S・ゴイヤー。
監督はジェイソン・サダ。
レディー・ガガの婚約者の
テイラー・キニーも出演する話題作でしたw

また、ジェスを手助けするミチ役として
小澤征悦さんのハリウッドデビュー作になりました。

青木ヶ原樹海は自殺者が多く、
コンパスが効かないと噂の恐怖の森
そして、夜になると幻覚を見やすいとか?




でも、全体的に不思議な話に仕上がっていて
余り怖くありませんでした♪
寧ろ、可笑しな日本表現が面白いww

寿司屋やインフォメーションの地下室
主人公サラが泊まった旅館などなど
外国人から見た間違った日本?

突っ込み所が満載でリアリティに欠けるから
怖くないのかな(??)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年08月27日

Blindspot: Season 1




NYタイムズスクエアのど真ん中に
ボストンバッグに入れられて
全身にタトゥーを刻まれて放置された謎の美女。




( ̄□ ̄;)!!かなりインパクトあるCMでしたw

背中の真ん中にFBIのカート・ウエラー捜査官の名が
刻まれていたため、FBIに保護された身元不明の女性。

検査の結果。
彼女(ジェーン・ドウ)に全く記憶がないのは
PTSD用の試験薬が大量に使われていたせいだとわかります。




ウェラー捜査官はじめ、FBIのチームは、
女性の全身に刻まれたタトゥーが何かの
暗号かパズルではないかと考えます。




話が進むと徐々に彼女の正体が明らかに
どうやらシールズに所属してたらしく、
格闘もとても強くて銃の扱いもお手の物。

1話-15話まで見て(´∀`*)結構良い感じw
しかし、全米では視聴率がおちているとか
マニアック過ぎるのか?




『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で、
アスガルドの女戦士レディ・シフを演じたジェイミー・アレクサンダー。




2013年『ラストスタンド』も良かったですが
Blindspotは一種異様な役どころで
全然違う感じで中々カッコ良いです(*^-^*)ゞ   


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年08月02日

KNOCK KNOCK




キアヌリーブスの最新作って事で
見に行きましたw




キアヌ売れてるからこんな映画出なくても
いいんじゃないの?ってのが正直な感想ですw

お話はちょっと「ファニーゲーム」ぽいけど
コメディ?




あらすじは
2015年アメリカ映画
キアヌ・リーヴスが主演とプロデューサーを兼任する本作は、
「ホステル」シリーズや「グリーン・インフェルノ」の
イーライ・ロスが監督したヴィジットスリラー。
(外から何者かが訪問し、災難や恐怖を引き起こすという映画作品)

家族の留守中に2人の美女を家に入れたことで、
破滅への道を突き進んでいく男の姿を追う。

賛否両論だと思いますが
「・・・結局何がしたかったの?」って感じ(^^;)




しかし、美女二人が可愛いぃです。
特に金髪のアナ・デ・アルマスが良いなと思いましたw  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年07月24日

3 Days to Kill




3 Days to Kill は2014年のアメリカ映画です。
リュック・ベッソン脚本

あらすじ
CIAの女性諜報員ヴィヴィアン・ディレイ(アンバー・ハード)は、
CIA長官より正体不明で10年間も追い続けている
国際的兵器商人ウルフ殺しのミッションを請け負う。
彼女は、指揮官で作戦を実行するのは、
殺しが専門のイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)。




しかし、
CIAのイーサンは余命3ヶ月と宣告され
何年も会ってなかった娘(ヘイリー・スタインフェルド)と
過ごそうと家へ帰るが娘と上手く行かない(^^;)
ヴィヴィに「新薬あげるから、ちょっと仕事して」と言われて、
こそこそ仕事をするコメディ?映画ですw

父と娘の物語に無理やりアクション取入れた感がありますww




CIAエージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、
美人だしカッコ良いんですが




個人的には娘役の
ヘイリー・スタインフェルドが初々しくて良いです(´∀`*)  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)女優シリーズ

2016年07月18日

Bandidas

あまり見ないコメディ映画なご紹介です(´∀`*)




2006年に公開されたウエスタン・コメディ映画ですw
監督 ヨアヒム・ローニング 、エスペン・サンドベリ
フランス、メキシコ、アメリカ 
リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ制作の作品です。

「bandidas(バンディーダス)」とはスペイン語で盗賊、
ならず者、お尋ね者の意味ですw




あらすじ

19世紀メキシコが舞台。
鉄道建設のため、ニューヨーク銀行は
サンタ・リタ周辺の銀行を買いあさり、
銀行に借りのある農民達を追い出していた。

立ち退きを命じられた農民の娘マリア(ペネロピ・クルス)は、
銀行頭取の家に行き不当を訴えるが聞き入れられず、
家に帰るとニューヨーク銀行に雇われた人殺しに父親が殺されていた。

目的は、
この地からお金を搾取するための新しい銀行の建設。
騙されたと知った銀行頭取も殺され、
彼の娘のサラ(サルマ・ハエック)が取り残される。




一言で言うなら2大セクシー女優によるコメディ西部劇風アクションww
口は悪いが実は純情な女性「マリア」を演じるのはペネロペ・クルス。
お嬢様だが男関係には奔放な「サラ」を演じるのはサルマ・ハエック。
なキャラ設定でした(^^♪




リボルバー出てきますw
一部時代背景にあってない気もしますが(^^;)
ウエスタン・コメディなので良いかと思いますww  


Posted by G-SVG@West Side at 00:10Comments(0)女優シリーズ