関西女子サバゲ部
公式スポンサー
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年01月15日

謎の銃ヽ(゚∀゚)ノ

先日、ライカンが謎の部品を
持ち込んできた時のお話(・∀・)ノ



何か変わった部品をライカンが持ってきた
私のG17に組み付けてみたいパーツらしい
取り敢えず、G17と撮影
(破損対策)



プラスチックのメリケン?

とかボケてる間に、仮組みしてしまってた。
ドライバー1本で出来るんだって(☆☆)



↑プラスチックメリケンを組んだ直後
デカイなぁ〜(゜ロ゜)

ライカン曰く『この隙間に何か仕込めそうな予感』



ドライバーで指示。



前から見ると、これくらい空いてます。
隙間の上下にレイルが1枚噛みそう?!

も!Σ( ̄□ ̄;)!!もしかしたら!?
物が無いから検証出来ないのですが・・・。



こういうレーザーサイトとか入るのかも?
ドライバーで指した場所の横にも隙間が有ったし、
そこがスイッチを通す孔だと仮定してるとの話。

しかし、そんなレーザー持ってないので
一緒に持ち込まれてた、金属製のマウントを組み込みました。



G17だと、レイル溝より銃口側に寄せて固定しないと、
プラスチックメリケンに干渉する感じでした。

バッチリ組み付けOKヽ(゚∀゚)ノ



メリケン前部に予備マガジンを挿せます♪
組み付けのテンションで保持してるだけなので、
力任せには抜き差しする感じです

クリスベクターっぽい感じ...(^^;)



わりと手の大きいライカンでもこれくらい



こうして両手保持の方がしっくりくるぽい。



メーカーさんもお店屋さんも頑張って(*^-^*)ゞ
いろんな商品が出して来てるんだなぁって思いました。



  


2016年10月08日

作戦開始

現地コーディネーターと本隊と合流


一件目の目的地へ移動します♪  

Posted by G-SVG@West Side at 15:16Comments(2)イベントあのとき…実は

2016年10月08日

小一時間前

安住無き傭兵達は
眠らない街を後に


理想の彼方求めて
まだ見ぬ世界へ...



とか格好つけちゃう朝です。


  

Posted by G-SVG@West Side at 06:00Comments(0)イベントあのとき…実は

2015年06月02日

(`・ω-)▄︻┻┳═.¨·:‥

ショットショーの会場で、ダミーカートのアクセサリーを例年以上に良く見かけると思ってたら
テンションの上がるダミーカート屋さんが居られました。

戴いた名刺を捜索してます、スミマセン


んで、個人的にツボったのがコレ


12Gダブルオーバックのダミーカート

何がそこまで心を掴んだかと言うと


正面から捉えると、散弾の収納具合が見えるってトコ


3発のペレットが3段で入ってます。
3弾の3段の散弾って事ですね、ダブルオーバック
違うか…

ダミーカートをピルケースにしたヤツとか
あんまり見掛けない型のダミーカートとか
またゆっくり見せて頂きたいラインナップでした。
  


Posted by G-SVG@West Side at 22:00Comments(0)イベントあのとき…実は

2015年01月31日

人物像を書いてみた

人物紹介

ミズキ姐


ほぼ成り行きで『関西女子サバゲ部』の主宰に就いてしまった人

基本的な装備品はウッドランドのBDUにH型サスペンダー+マガジンポーチ
あとレガース

最近は次世代M4A1を使用
留学時代での実銃射撃経験からサバゲに移ってきた変り種

装備も銃もシンプルで堅牢な物が好きみたい


セミオート縛りのゲームでは、装備品を外してハンドガンのみを携え
特に考えも無く最前線に出て行く猪武者なタイプ
そんな時、後衛に的確な指示を出してくれるが
声がデカイ為に情報が筒抜け…
まあ、陽動であるとの説も在るにはある。

ここだけの話
ミズキ姐が、とある経緯で手に入れた
KTWのイサカ



大事にし過ぎているせいで、未だに実線投入が出来ていない
思い出の品である故に…って思考が割と乙女チック


今回の記事は頼漢が担当しました。  

Posted by G-SVG@West Side at 03:38Comments(0)あのとき…実は