公式スポンサー
< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
お問い合わせ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年04月15日

MMM 2018 MAR オフショット

3月24-25(土日)和歌山のバトルランド-1で行われたModern Military Meeting に関西女子サバゲ部は
『解放戦線』の一員として7名で参加してきました。
映画さながらのシチュエーションで役になり切った2日間とても楽しかったです。スタッフの皆様ご参加の皆様(^∇^)ノ ありがとうございました。


クロナさんはSVGでお声をかけて頂きました。
今回も話かけて下さって感謝です。一日一緒に「解放戦線メンバー」として共に戦えて楽しかったです。ありがとうございましたヾ(*^。^*)ノ


一緒に戦った解放戦線の皆さん2日間に渡りお世話になりました。


ルイルイさん達傭兵さん


カッコ良いですね(^^♪お写真ありがとうございます。


傭兵さん達も良いな思いました。


人生初!(☆☆)時限爆弾着させてもらってたー♪リアリティあって凄いですね。MMMの醍醐味ですw
どんな顔して良いか?わからんと戸惑ってたのが面白かったです♪


前日から気になってた(≧▽≦*)お犬さん、とても活躍してたのです♪


ディファさんにお会出来て良かったです。お写真声かけ下さってありがとうございましたo(^o^)o


お世話になった装備屋さんMARSOC出で立ち初めて見た(☆☆)


また、来年(*^-^*)ゞ



バトルランド-1
http://bl.ord.cc/

ミリブロニュースにMMMイベントの様子を掲載していただいたので、
ご興味ある方はどうぞ御覧下さい。
http://news.militaryblog.jp/a914424.html?__twitter_impression=true

今回も書ききった!ヾ(・◇・)ノ2日間まとめ。

MMM 2018 MARヾ(*^。^*)ノ
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914283.html

・前夜祭

MMM 2018 MAR 前夜祭
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914427.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 撮影
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914435.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 ハニートラップ①
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914486.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 ハニートラップ②
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914495.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 ハニートラップ ③
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914610.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 撮影 2
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914964.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 夕食
http://gsvgws.militaryblog.jp/e914967.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 BAR
http://gsvgws.militaryblog.jp/e915383.html
MMM 2018 MAR 前夜祭 完
http://gsvgws.militaryblog.jp/e915386.html

・行動開始

MMM 2018 MAR 「開会式」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e915816.html
MMM 2018 MAR「拠点」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e915989.html
MMM 2018 MAR「戦闘」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916021.html
MMM 2018 MAR「解放戦線」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916411.html
MMM 2018 MAR「ゲート」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916413.html
MMM 2018 MAR 「休息」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916582.html
MMM 2018 MAR「不穏」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916759.html
MMM 2018 MAR 「捕虜」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e916868.html
MMM 2018 MAR「激闘」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e917143.html
MMM 2018 MAR「終局」
http://gsvgws.militaryblog.jp/e917151.html


  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月14日

MMM 2018 MAR「終局」

暫くして別の情報が入ってきました。


将軍の金塊を持ち逃げした裏切り者が取引相手と合流する為、
山岳地帯沿いに国境を目指しているとの情報です。バトラン国再建に必要な大事な資金です。将軍が金塊奪還の為に作戦を立てます。


全員で山岳地帯に攻め入るとなんと!
相手は米陸軍特殊部隊?

激しい追撃戦闘が終わり、捜索を開始


将軍は米軍の負傷者に「俺の金は何処や!」と詰め寄りますが誰からも返事がありませんでした。


将軍は物言わぬ米兵を変な恰好にして腹いせしていました。


米兵がちょっと気の毒でした。


資金はいずこへ?
程なくして米軍がバトラン国から撤退して終局を迎えたのでした。


そして知ったのですが…
我々が山中で戦闘していた頃、
穏健派の村がロシア兵を匿った疑いで、米海軍特殊部隊に焼き討ちされたとの情報がありました。

穏健派の数少ない戦士達が必死の応戦をして、
非戦闘員は全員無事に避難を終えたそうですが
戦士達は全員が壮絶な殉死を遂げ、
村は文字通り『地図上から消えた』とのこと…

次のMMMに火種を残して今回の状況は終わりました。

ひとしきりの状況が終わり閉会式は和やかで(^o^)/
将軍が挨拶中にスピーカー落とすというアクシデントもありましたが(笑)


皆様 2日間お疲れ様でした(^∇^)ノありがとうございました♪


(一部ミリブロ掲載写真より抜粋)

次は「オフショット」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月13日

MMM 2018 MAR「激闘」



捕虜解放に向けて一人の交渉に来た米軍が丸腰でやってきました。


回りは以前米軍に包囲されたままでしたが将軍が「全ての米軍を下がらせろと」交渉に来た米軍に命令します。


緊張の中いつ発砲されてもおかしく無い切迫した状況です。


交渉に来た米軍の采配で包囲を解き、一旦米軍が後退していきます。
将軍は何やら米軍と話を進め捕虜を引き渡しました。


その後、不穏な情報が入りますが
真偽のほどは確認できないまま、状況はまた動きます。

一旦後退した米軍がまた包囲網を縮めて来ました。


皆に緊張が走ります。


将軍の命令で引きつけて撃てとの事でギリギリまで発砲出来無いまま、伏せ陣体制で号令を待ちます。


号令と共に一斉に戦闘が開始されました。


四方八方に、ここぞとばかりに米軍が攻め入りますが、解放戦線メンバーも負けてはいません。


持ち前の機動力と戦術で立ち向かいます。


圧倒的兵力の米兵を相手に、限られた弾薬で着実に仕留めていきます。


あちらこちらで敵にも死傷者が出始めました。仲間を安全区域まで引きずる者や


仲間の仇を打つために戦闘を続ける兵士や
仲間をやられて動揺する兵士など様々です。


激戦の末、米軍は負傷者多数で撤退していきました。

(一部ミリブロ掲載写真より抜粋)

次は「終局」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月12日

MMM 2018 MAR 「捕虜」

永く感じた激しい戦闘は実質数分間
突然、敵の攻撃が一旦止まりました

しかし、米兵に山手奥から包囲監視されたまま、上空にはドローンが旋回と不穏な雰囲気。


みんな警戒に当たります。
緊迫した時間が過ぎて行きます。
辺りは先ほどの戦闘が嘘のように静まり返っています。


将軍が何処からともなく捕虜を連れて戻って来ました。
先の戦闘で不詳したまま逃げ遅れた米兵のようです


イセッタは幸いかすり傷で安心でしたが、皆で将軍の命令で捕虜に思いのたけをぶつけます。


何やらわけのわからない事をわめいているので


将軍が黙らせます。


大人しくなった捕虜をみんなで囲んで監視。


そして、捕虜を盾に米軍の包囲する山岳地帯を抜けます。


山岳地帯を抜けると、だたっぴろい草原が広がっています。そこには無数の米軍がコチラに銃口を向けて近づいて来て居ました。

「下がれ!下がれ!」と声をだして米兵に伝えます。
ピリピリと緊張が走ります。コチラも米兵に銃口を向けながら進みます。
バックアップ部隊が米兵をロックしてくれているので安心です。



一色触発!誰かが引き金を引いたら捕虜諸共終わってしまう接近戦。緊張が走ります。


そんな中、将軍は冷静に捕虜を側近の者に預けて米兵を呼びつけました。


(一部ミリブロ掲載写真より抜粋)

次は「激闘」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月11日

MMM 2018 MAR「不穏」

村へ帰る途中に一般海兵隊の皆さんに会いました。


お話していたら皆さん良い人ばかりで撮影するのに集まって下さいました。


将軍から紙袋爆弾を預かっていたので心苦しかったですが渡してしまいました。
殉職された海兵さんごめんなさい。 (^_^;

その後、のんびりと談笑しながら


皆で拠点をめざします。


拠点に戻ってからは武装の準備やロケットランチャーの扱いを教わったり。


結構長くて重かったです。


女性には重くて扱いきるのは難しいそうでした。


暫くして山の下の方に米兵が降りて行くのが見えました。
情報によると何やら運んでいるらしいのです。
斥候の話では一部の米兵が山の下の道路付近に集結しつつあるとの事


そして、連合軍側で村に兵器が隠されている容疑?という誤情報が飛んでいるとの話。
気の良い村の人達が心配です。
何か大きな動きが始まってるような気がしました。

そうこしている内に山手から拠点を囲むように米兵が侵攻して来ます。
ターニャが戦闘準備をして


みんなで早々に展開します!


地形的に不利な戦闘態勢ですがジックリ狙うターニャ


米軍がジリジリと包囲を詰めながら突然戦闘がはじまりました。
道を挟んで布陣していたイセッタがΣ( ̄□ ̄;)!!
撃たれた?



次は「捕虜」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月10日

MMM 2018 MAR 「休息」



ベースキャンプに戻ると水分の補給と食べ物の調達に行きました。


ベースキャンプは村や森とは違い人で溢れかえり活気があります。


驚くほど様々な国の人間がこのバトラン国に携わっているのがわかります。


この日は好天に恵まれノンビリとした陽気でした。
村から軽トラで運ばれ、とても助かりました。



なにか凄いの発見!!


Heavyさんの車両との説明受けるライカン。


Heavyさんの御厚意で、皆で無邪気に撮影して遊びました(*^-^*)。
ぐるぐる回したり上下出来るのも楽しい。


こんな凄い車は民兵村には無いので乗ったり機銃を触ったりと、みんな興味深深です♪


指揮と機関銃手的な感じなのですが、
どうしても魔法かけてるようにしか見えない。


うーんなぜだろ?と思い悩んで居ると・・・。


見かねた手連の民兵が撃ち方を教えてくれました。
腰を落としてお腹に力を入れて撃つそうです。
なるほど(☆☆)カッコ良いです。


早速みんなでマネしてみました。
イセッタ良い感じです。
もちろん目標設定は米軍キャンプの方向です。


最後はみんなで記念撮影とても楽しかったです。
ヾ(*^。^*)ノ

次は「不穏」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月09日

MMM 2018 MAR「ゲート」



キャロラインとイセッタは武装解除して再び村へ向かいました。


どういう経緯なのか?ゲートの警戒が厳重になっていました。
村人から緑の人に差し入れを持って行って欲しいと頼まれてゲートを通り、緑の人にコーヒーの差し入れを持って行きました。
緑の人は最初警戒されてましたが無事に村人からの差し入れコーヒーを受け取ってくれました。


後から聞いた話では単独で聖戦を果たそうとした村人が出たとの事でした。


その村人は爆弾ベストを着込んでゲートを潜ろうとしたらしいです。


複雑な回路を米兵EODが解除したという話も
別のルートから聞けました。


それはそれはゲートの警護が厳重なわけです。


聖戦を果たせなかった村人は一命をとり止めましたが廃人のようになっていました…


(一部ミリブロ掲載写真より抜粋)

キャロラインとイセッタが拠点へ着くと将軍の指示で偵察へいき戦闘がありました。


丘陵地帯を侵攻してきた米軍との攻防。


将軍率いる解放戦線は進撃します。


しかし、米兵の多さに停滞を余儀なくされます。


この辺りで、戦局が随分変わって来たような気もしました。


この後、私達は武装解除して一旦ベースキャンプまで戻りました。



次は「休息」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月08日

MMM 2018 MAR「解放戦線」

先の戦闘で傭兵が民兵をバックアップして居なかったという事で将軍が怒り狂います。


傭兵のボスの頭を撃ち抜こうとしましたが、何とか思い留まりました。


そうこうしているうちに米軍に不穏な動きとの情報で現場へ急行


小高い丘の稜線での攻防戦が勃発
傭兵と共に戦いますが米兵が撤退を始め戦闘終了。


傭兵と民兵が解放戦線として共に戦う事が出来て将軍も満足な様子。
しばしの休息がやってきました。皆に笑顔が戻ります。


穏やかな時間が流れます。


しかし、戦闘の準備は怠りません。


そして手練増援も到着!頼もしい味方です。


山の上に複数の気配がありました。


誰かに見張られてる嫌な空気が辺りを包みます。
将軍も何か感じ取っている様子でした。



次は「ゲート」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月07日

MMM 2018 MAR「戦闘」

村の側で武装解除して何食わぬ顔で村へ入ると


そこには緑の人(自衛隊)と米兵が来ていました。


緑の人は非武装地帯に暮らす人々の健康チェックに来ていた様子です。


緑の人はとても良い人達でした。


その頃将軍はドイツ兵と話をしていました。


とある米兵が女性にいきなり「How much」と聞いて来ました。
突然の事に驚いた女性は言葉が出ません。
仲間が女性に詰め寄る米兵を静止します。


異変に気付いた将軍の顔が変わります。


みんなで足早に村の側に置いた武器弾薬を取りに行き将軍が「戦闘開始」と合図。


村を去りかけている米兵に問答無用の一斉射撃。
突然の戦闘で出遅れる傭兵、慌てて身を隠す村人と緑の人、応戦体制に入る米兵。
将軍の一声で放たれた砲火は女性に対して暴言を吐いた米兵へ報復を果たし、『解放戦線』の勇士達は無傷で村を後にしました。


(一部ミリブロ掲載写真より抜粋)

この小さな戦闘が後々戦況を大きく変えていくとはこの時は思いもしませんでした。

次は「解放戦線」

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会

2018年04月06日

MMM 2018 MAR「拠点」

去年の「MMM2017MAR 」はライカンと2人でA〇通信社の取材班クルー役でしたのでイベント当日の情況を割と把握しやすかったのですが、
今回は『解放戦線』の一員として参加したので『解放戦線』視点のレポートをさせていただきます。


穏健派の村から数キロ離れた森の奥にレアメタルと宝石が採掘される鉱脈が発見され、解放戦線の一団はそれを守る為の防衛拠点を設置しました。


将軍は地図を見ながら何やら画策しています。


民兵は其々、歩哨に立ったり、寛いでます。


統率の取れた組織です。


程なくして将軍を訪ねてきた所属不明の部隊、
一癖も二癖もありそうな連中ですが、
彼等は将軍がオーダーした傭兵でした。


リーダーは右手に写っている、この男のようです。得体の知れない雰囲気を醸し出しています。


将軍の司令で傭兵は2隊に分けられ、
拠点防衛と村へ偵察に就きました。



次は「戦闘」

ミリブロニュースにMMMイベントの様子を掲載していただいたので、
ご興味ある方はどうぞ御覧下さい。
http://news.militaryblog.jp/a914424.html?__twitter_impression=true

  


Posted by G-SVG@West Side at 00:00Comments(0)イベント女子サバ会